危険だと気づかず、パチンコが好きすぎて打ちこをしようとした話!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トラブル
Pocket

今回は、パチンコが好きすぎる私が引き寄せた縁なのかと思うような経験をお話します。

彼に話さなければ、きっとその仕事を手伝っていたと思います。

Sponsered Link

ただでパチンコが打てるとメル友に言われ!

パチンコは以前も書いたと思いますが、お小遣いの範囲内、決まった金額の範囲内で楽しめれば趣味の一つとして決して悪いことではありません。

私は最初からそれが出来ていなかったので、パチンコをしてはいけない人だったのだと思っています。

それといった趣味が無かったのもパチンコにのめり込む原因だと考え、友達とご飯や飲みやお茶をしても、先々の約束をしたくなかったり出不精だったりで、やはりパチンコには勝てず…。

おしゃべりするのは好きなので、あるときそんな私には、友達と会うよりメールの方が向いていることに気づきました。

そして、友達ともメールしていましたが何故だか私の友人知人には訳アリの人が多く、メールに付き合ってくれる人もそれほどいなくて…。

そんなときに、メル友はもちろん友人を作れるサイトが昔はあったんですよね。今、流行り?のマッチングアプリや出会い系とは違います。

そういう目的で使っていた人も一部にはいたんだろうけど、趣味友やメル友、サークルのメンバー募集などがメインでした。

私は、いろんなことが話せるメル友が欲しいなと思い利用していました。いろんな女性とSNSで知り合い、その中に偶然、パチンコの打ち子をやっているという女性がいたのです。

すぐに乗り気になった私!彼の反応が…!

その女性とはメールを交換してすぐに、パチンコの話になり打ち子の話しをしてきました。私の方からパチンコが大好きだと話した記憶があります。

なのでその女性は強引な感じは全くなく、打ち子の話をしてきて私の方からいろいろ質問しました。

ただでパチンコが打てるだけでも満足と思っていた私に、彼女は朝から集合して打たなきゃならないよとは言ったものの、いくら勝っても自分のお金にはならないけど日当が出ると説明しました。

私は彼女のことをほとんど知らないのに、すぐに乗り気になってしまいましたが危ない人たちと繋がっているバイトなのではとも思いました。

一連のメールが終わり、その日の夜か翌日に一緒に住んでいる彼に彼女との話をしたところ…。

彼は、何考えてるの…と呆れた声と不機嫌な顔で言いました。

その直後、二回くらいかな。彼女からメールが来ましたが、少し迷いながらも怖い気持ちもありそのメールは無視したのです。

メールの内容も強引ではなく、二回くらいでメールも来なくなったので被害はありませんでした。

タイトルとURLをコピーしました