パチンコを止められない理由!10万円負けても店を変えて大逆転勝ち

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ギャンブル止められない
Pocket

今回のお話は、一言で言うとギャンブルあるあるです。

たまに大負けから、10万円の負けを取り返せるほどの逆転勝ち。

こんな経験があるから、パチンコは止められないのです。

私の体験を詳しくお話していきますね。

Sponsered Link

10万円負けて焦りながらも別の店へ移動!

駅前に5件パチンコ屋さんがあるところに住んでいたときのお話です。

いつものように、駅前のお店でパチンコを打っていました。

午前中から打っていたので、仕事はしていなかったんだと思います。

夕方少し前には、すでに10万円近く負けていました。

さすがに焦りましたがそれでも諦めきれずに、隣の駅に一件だけあるパチンコ店に移動。

パチンコやスロットで出ないと、まずは店内で台を変える。

それでも当たりが引けない、引いても単発で終わり。

そんな状況が続くと、お店を変えて打つということはよくありましたし、パチンコやスロットをする人にはよくわかってもらえると思います。

10万近く負けて、それでもパチンコをまだ打つのはそれほどありません。

こんな早い時間に、こんなに負けてしまったと普通家に帰ると思いますよね。

移動したお店で、昔からある人気台・水戸黄門の新バージョン台を打ちました。

その台が人気だったのは、当たったときの爆発力(連チャン)が凄いといのが理由のようです。

昔の台を打ったことが無かったので、たまたまその台に座りました。

大連チャンが始まり閉店まで続く!10万円負けを取り戻し勝利!

夕方近くから打ち始め、持ち金で比較的早く当たりを引き助かりました。

そこで負けていたら一日の負け額、新記録を作っていたと思います。

一度当たりを引き、連チャンして終わりかなと思ったら時短中に引き戻しました。そこから、トイレに行ったりジュースを買いに行ったりゆっくり打っていました。

でも、連チャンが止まらない。

10連チャン以上した頃に、そろそろ終わるかなと思い打ち続けても連チャンは続いています。

時計を見ると閉店まで3時間、2時間となって行き、もしかしてこのまま閉店まで続いたりしてと思っていたら本当に閉店まで連チャンが止まらず。

そういう時に限って、トイレによく行きたくなる。

少し気持ちが焦ってきました。

予感は当たり、閉店まで20連チャンほどしました。

それでも確変中に、閉店の時間になってしまいました。

あぁもったいない。

やってしまったと少し悔しかったですが、結果は10万円以上勝ち、負けを取り戻し少しプラスになりました。

このときは本当に助かりました。

こういうことがあるからパチンコは止められない!

そんなことより、大負けしたことのほうが多いのに…。

そんなこんなで、劇的な勝ちをしたことが、25年もパチンコ・スロットを止められなかった原因の一つだと今では冷静に考えられます。

タイトルとURLをコピーしました