梨央と大輝、急接近!ドラマ『最愛』7話の感想と予想!ネタバレあり!

スポンサーリンク
Pocket

優が大輝に、以前言われた「逃げてても何も解決しないぞ。」を、大輝が優に言われるなんてね。優君大人になったね。恋のキューピット役でした。

しおりのことを思いだした梨央。渡辺に連れて行かれるところで、すれ違い、梨央に手を伸ばしたけどあと少しで届かなかったシーンは、切なかったです。

スポンサーリンク

しおりは、康介に暴行されていた!治験を受けることにした優!

しおりは、弟さん大きくなりましたねとか、梨央さん私のこと覚えてませんかと言っていたけど、梨央は覚えていなかった。真田グループの不正についてと言われ、そのことも梨央は知らないようで、後藤が一人でやっていることなんだろうか。梓が関与してないかが気になる。

優が、姉ちゃんこれと言って、部屋着で出て来たとき、あまりにもサイズがあってなくて笑えた。身長見たら大体のサイズはわかるでしょって突っ込みたくなった。

ちょっと短かったねって梨央。ちょっとじゃないから。ほのぼのした気持ちになりました。

大輝は、松村栞(橘しおり)が気になる。過去、渡辺に暴行されていて、しおりだけが告訴したっていうのは驚きでした。みんな泣き寝入りしたんだと…。

大輝たちは、早速しおりの元へ。昭のことを聞くと面識はないと。アリバイを聞かれ、その日は、池尻にあるロックボトムで飲んでいたと言い。もちろん裏を取る大輝たち。店長に聞くと、来ていた。閉店までいたと。

いつも一人でふらっと来ると言った直後、大輝があるものを発見。貸し切りの写真で、突っ込むと、勘違いと言われたが、口裏を合わせていたと予測。

優が加瀬と買い物に行きたいと、梨央と3人で休みの日に買い物へ。優は加瀬に、姉に頼ってばかりいたくないので、すぐにでもバイトしたいと。心を許しているのがわかります。

どうせならやりたいことやった方がいいと言われた優は、病気のこともあるしと言うと、それなら、治験受けた方がいいとさりげなく加瀬は言った。僕なんかに受ける資格があるんかなってと言う優に、誰にでも受ける資格はあると。

山尾と大輝たちが話していると、男性が現れたときの、3人の表情が変わった。管理官と言ってるのを聞いて、あぁ、大輝の処分かと思いました。大輝と山尾が呼ばれ、大輝は、荷物を整理していると、桑田が声をかけてきた。

頑張れよとだけ言って、去って行った大輝。自分のせいだと気にしてるな桑田。

梨央が帰宅すると優が、治験を受けてみると。加瀬に、やりたいことやるためにも治験を受けて見ろと言われたと。梨央がやりたいこと?と言うと、加瀬さんみたいな弁護士になりたいと言う優に、梨央はとても嬉しそうで、優を見る目が子供を見るようなまなざしだったのが印象的でした。

加瀬が後藤の部屋を、凄い勢いで訪ねたのにはビックリ。優に500万、昭に渡すよう指示したのが許せなかったのか。いつもの物静かな雰囲気とは違い、怒ってる。優は後藤の名前を警察で出さなかったし、自分も500万のことを問うつもりはないと。

何の話かとごまかす後藤の肩を掴み、今後とも梨央のバックアップをよろしくお願い致しますと言った。プレッシャー掛けたな。

優が病院で検査をして、治験を受けれるだろうと言われ、早速、海野たちに報告する梨央。海野は、大丈夫必ずうまく行くと。いつも梨央を励ましてる印象です。

大輝に電話があり、居酒屋のシーンになると、桑田が待っていた。大輝が山尾のボトルを飲んでいたのには、笑いそうになった。桑田は明らかに落ち込んでいて、こんなことになると思わず、岐阜での大輝の規則違反を上に報告したと。

いつまでも落ち込んでいる桑田に、事件のことを聞くと、しおりのアリバイが変わった。そして、真田ウェルネスの老人ホームについて調べていると言うと、大輝の表情が変わった。

梨央の会社では、加瀬が重そうな紙袋を持って梨央の部屋へ。秘書がきて、橘しおりが取材したいと言うと、いないと言ってと。加瀬は、優にプレゼントと言って、六法全書と参考書を買ってきた。

後藤は、真田ウェルネスの老人ホームに行き、しおりを見つけると2人で話した。懲りない人だ。なぜそこまでうちに執着するのかと聞かれたしおりは、真実を知りたいだけだと。しおりは、動物愛護団体への寄付が、真田のペーパーカンパニーに渡っていることを調べ上げていた。

しおりの取材能能力が未熟だと言いながら、後藤が関わっていることを知られ焦っているよう。

優は、大輝に会いに行った。直接お礼が言いたかったと言い、自分のしたことと向き合っていくと。大輝から、来週から別の署に行くことになったと聞いた優が、姉ちゃんはそのこと知ってるのと聞くと、もう会うこともないやろしと大輝。

しおりの記事を買おうとした後藤!梨央と大輝が急接近!

優は梨央に、今度大輝をうちに呼んでいいかなと言うと、いろいろ言いごまかす梨央に、何でと聞くと、うちらはもう関わったらいかんのと言われる。優は大輝が部署を移動になったことを話した。

もう決めたことと言いながらも、気になって大輝に電話しようか迷う梨央。大輝は、また当時のマネジャーの女性に会いに行って何か頼んでいた。しおりのことを調べようとしているのか?

しおりの方は編集長に、真田の裏金の証拠をつかんだと、詳細を話した。後藤に、しおりが以前取材に行った不動産屋の男性から、妻が余計なことを言ったようで…と電話が来ると、後藤は部屋で大暴れしていたのが、廊下にいた加瀬に聞こえていた。

後藤は、編集長に会い、橘しおりの記事を買わせてくれと札束の入った封筒をテーブルの上に置いた。厚みが足りないんじゃないですかと言われ、ご希望はと聞くと、編集長、食い気味で、じゃ二倍でと言ったのが笑いそうになった。

承知しましたと後藤が言うと、録音機を見せ、冗談ですよと。馬鹿にされた後藤。あっ、また鼻血だした。

優は大輝に、うちでご飯食べようと言った。戸惑ってる大輝に、姉ちゃん家の近くで一人暮らししてると嘘を言って。大輝と梨央のことを思ってのことだな。こういう嘘ならいいと思います。

治験やご飯の話しをしながら、大輝と歩いていると、梨央が車から降りて、大輝を見つめていた。梨央とご飯食べようと言うと、大輝は帰って行った。ここで出た~優の、大ちゃん逃げても何にも変わらないぞ。

普段着の大ちゃんもカッコいい。部屋に来た大輝に、梨央は謝った。俺がしたくてしたことや。今二人で仲良くこうして暮らしてること知って、やっぱり俺は間違ってなかったそう思っとる。そやでもうごめんって言わんといて。きゃー大輝、素敵すぎる。しかも方言がまたいいのよね。

玉ねぎを切る優の手さばき凄いよ。大輝、芝居じゃなく本気で凄いなって言ってるように見えた。優役の高橋文哉さんは、料理人になりたくて、バイトで修行をしていた時期があるらしいですよ。

それにしても、牛丼凄い量。優が気を利かせて、ビール買ってくると梨央と大輝が二人きりに。大輝が、これからの2人のこと考えないと…って言ったとき、調子に乗ってと、微笑ましく思いました。

すると、動揺した大輝が、飲み物をこぼしてしまい、慌てて拭く2人。手が重なり、顔も急接近。一瞬真剣な顔になったので、キスするのかと思ったら、笑い出す梨央と大輝。

その後も幸せそうな笑顔でした。ずっと続くといいのになぁ。

梨央が大輝を家の前まで送ると、しおりが近所の、梨央の行きつけの居酒屋に取材していた。しおりは、大輝と梨央を見ると、2人はそういう関係なんですかといろいろ言ってきた。

梨央は、私とも昔会ったような言い方していてあの人何なのと聞くと、居酒屋で大輝は、合同合宿に来ていて、そのときに、渡辺に暴行されていたと。当時の写真も見た梨央。

梨央はしおりの取材に答えていた。合宿の時に会ったのを思い出したと。シュシュを貸してもらい、打ち上げの日に返そうと思っていたと。そのとき渡辺に連れて行かれるしおりを見て声をかけていた梨央。しおりは言葉を発することができず…。

梨央に、あなたは世界を変える30代。私は息をするのもやっとで生きてきたのに、こんな不平等なことってありますと。やはり、梨央に対する嫉妬、妬みだったんだ。それはちょっと違うよね。

明は、最後まで謝ろうとしなかったとしおり。やはりそういう父親だったんだなぁ。康介も明も殺されても仕方ないと言い、梨央は、あなたがやったんですかと聞くと、目に涙を溜めたしおりは答えなかった。

会社では、加瀬が後藤に電話し、こんなことしてどうするんですかと言うと、電話を切って大きな荷物を引きずり歩く後藤の姿。何があったの?その翌日、しおりがビルから転落して死んでいた。後藤が怪しすぎる。

※この記事のアイキャッチ画像は、TBS公式ホームページから引用させていただいています。

スポンサーリンク
ぽちっと応援してもらえると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする