鬼束ちひろ現行犯逮捕!救急車を蹴って。何があったの?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
歌手
Pocket

今日、録画している、過去の歌番組を観ていたら、鬼束ちひろさんが『眩暈』を歌っていました。そのシンガーソングライター、鬼束ちひろ容疑者が、11月28日現行犯逮捕されたと知ってビックリと残念です。

Sponsered Link

鬼束ちひろは何故救急車を蹴ったの?

東京都渋谷区の恵比寿にあるパチンコ店で、20代の知人女性がけいれんを起こしたので、鬼束ちひろ容疑者が救急車を呼んだ。

救急車が到着すると、鬼束ちひろ容疑者が救急車を蹴ったため、28日の午後4時半頃、消防から救急車を蹴られたと通報があり、渋谷署は、鬼束ちひろ容疑者を逮捕した。

鬼束ちひろ容疑者は、容疑を認めていて、動機として、通行人に嫌味を言われて、パニックになったと供述しているそうです。

渋谷署で取り調べを受けた鬼束ちひろ容疑者は、28日午後10時50分頃に拘留されていた渋谷署から警察車両で出て、病院に向かった。

怪我をしたのかと思いましたが、警視庁は、病院で薬物検査をすると説明。目撃情報によると、鬼束ちひろ容疑者と知人女性は、泥酔しているように見えたという。

救急車を蹴ると言う奇行から、泥酔しているようという目撃情報があれば、薬物を疑われてしまうのも仕方がないなと感じてしまいます。

シンガーソングライター鬼束ちひろの才能と、過去の被害や問題行動!

鬼束ちひろ容疑者は、1980年(昭和55年)10月30日生まれの41歳。2000年2月にデビューし、同年8月、セカンドシングル『月光』が、ドラマの主題歌になり、大ヒットし、一躍脚光を浴びます。

『月光』のMVは、今でも印象に残っています。曲ももちろん大好きです。他にも、『流星群』や『私とワルツを』など、いい曲があり、カラオケでよく歌っていました。

詞も曲も作る才能と、歌唱力と独特の表現力、そして美貌。

鬼束ちひろ容疑者は、過去に、私生活でもいろいろな件で話題になっています。

2002年に、オートバイが乗用車に衝突する事故を起こしたり、一時期は、精神的な理由で休業していた時期もありました。2007年10月には、元交際相手に暴行を受け骨折する大怪我も。

2012年6月には、ツイッターで「和田アキ子殺してえ」とつぶやいた件は、当時大騒動になっていたのを今でも覚えています。

翌日、謝罪文を掲載しましたが、どうしてあんなことをつぶやいたのかは今でも謎です。

デビュー20周年の昨年、2020年には、歌番組にも出演し、今年は、2月に23枚目のシングル『スロウダンス』を発売し、音楽活動は順調でした。

この記事のアイキャッチ画像は、DISCOGRAPHY | 鬼束ちひろオフィシャルホームページ (onitsuka-chihiro.jp)がら引用しています。

タイトルとURLをコピーしました