橘と瑞穂が同盟!ドラマ『真犯人フラグ』5話の感想と予想!ネタバレあり!

スポンサーリンク
Pocket

ドラマ『真犯人フラグ』今週も菱田の話しで引っ張ってるよ。。。来週で解決するんじゃないかな。これ以上、話し進まなければ、このドラマから脱落しそう。

新たな登場人物が現れたけど、それには触れていなかったのもあって、あまり興味が持てない男性でした。

瑞穂と橘が、最初から犯人候補で上位だけど、特に瑞穂が犯人だったら、このドラマあまりにもひねりがないので、kuronekoは違うと思っているのですが。今回も、課長のこと好きって冗談で言って、これもいい加減やめた方が…。

スポンサーリンク

凌介を見張る怪しい男!見知らぬおじさんに液体をかけられた凌介!

サッカーボールが、外から凌介の部屋に入ってくるシーン、ものすごい勢いで、割れてたガラスが凌介のすぐそばに飛んで迫力があって怖かったです。凌介よくあれくらいの怪我ですんだなぁ。

すぐ外に出て行くところが、怖いもの知らずな気が。男性だからかな。

翌日凌介が、篤斗のサッカーのコーチ、山田に聞きに行ったときの、山田の動揺の仕方、大げさ。きっと電話をかけたのは菱田にでしょう。

山田に話を聞いて帰る凌介を、隠れて見ている男性がいて、初登場。ぱっと見、普通の人。光莉ちゃんにストーカーしていた男と予想します。

凌介は警察に行き、事情を話すと、落合が近くの防犯カメラをチェックすると対応して、阿久津がこのボールが篤斗のだと言う証拠はと言うので、説明した凌介の話しを、長かったなとか、相変わらず失礼な人だよね。

回想シーンの中で、しめつのマークって言ってたのが、鬼滅の刃のパクリだと思って笑いそうになりました。

警察を出て、電話で瑞穂にサッカーボールの件を話していたら、見ず知らずのおじさんが凌介に何かかけて逃げて行った。訳の分からないことを言いながら。

思わず叫んで、倒れる凌介。大丈夫って瑞穂には言ってたけど、自分がこんなことされたら、恐怖だわ。振って飲むゼリーの缶が落ちていて、はぁ?と言う瑞穂。でも、何かすぐわかって凌介もホッとしたと思う。

瑞穂は、心理学でも勉強していたのかな。正義中毒と言い出し、人の脳は正義の仲裁を下すと、快楽物質が出るようになっていると言い出して。

瑞穂が犯罪ですよと言ったのに、凌介は警察には言わなかった。言った方がいいと思いました。

自宅に戻る途中、近所の主婦たちが凌介を見る目が、犯罪者扱いだった。陰口叩いていたようだし。記者会見の影響かな。

河村は、橘を調べたようだけど、特に怪しいことは出てこなかったよう。でも、あの内容じゃぁ、表面的なことしかわからないと思う。

光莉と出会ったと言っていたパン屋に行った橘は、店員に、光莉とのこと言われていたから、仲が良かったのは本当のよう。でも、本当に付き合っていたかどうかはわからないと思ってる。

橘が瑞穂をオンラインサロンのオフ会に誘い、聞いたことのないスポーツをやっていたけど、瑞穂の動きが忍者のように早くて、凄すぎ。もしかして、サッカー経験があって、ボールを4階まで蹴ることができるかも。疑ってないと言いながら…。

橘って、瑞穂のこと好きなんじゃないとちょっと思ってしまった。帰国子女だと言っても、呼び方が馴れ馴れしい。しかも、女性慣れしてそう。光莉以外にも女がいたりして。

橘は瑞穂に、同盟を組みたいと言って、凌介は人が良すぎるからと2人の意見は一致。犯人が、凌介の近くにいると思うとも。

阿久津たちが、凌介の住む団地を訪れると、菱田が何か見ていて、事情を聞かれていた。防犯カメラに男性が映っていたようで、解決に繋がればいいのに。背は高いけど、後ろ姿だから本当に男性なのかは確証ないけど。

出た~。生駒里奈さん演じる、葬儀社に勤める本木。遺影を自分の顔の前に持って、今日はわしの為にありがとう…。笑える。先輩たちが、腫れ物を触るように扱っていた気持ちわかる。面白いけど、身近にいたら怖いわ。

本木は、真犯人が好きで、協力しているんじゃないかな。そうすると、犯人は男性になるけど。

冷凍遺体の男の子の身元がまだわかっていないのが不思議。最初から、遺体のほくろが気になっていて、よく考えたら、望月にも同じようなほくろが顔にある。兄弟かもと予想。

サッカーボールについて、警察がコーチに聞いたら、サッカー経験者なら出来なくもないって話だけど、ベランダには柵があるから、あんな勢いで、まっすぐ入って来るかな。まっすぐ入って来たように見えたけど。

ベランダに猫!押されて車に轢かれそうになった凌介!菱田家に真帆の傘が!

林は、建材会社の社長の娘と婚約中らしい。凌介の新居のことを父に聞かれ、中止になったと嘘を言っていた。父親は、自分の所に火の粉が飛んでくるのが困ると思っている。

女性の方が林に夢中な感じでした。林は、父親と彼女との食事に疲れていた。政略結婚なんだろうか?

凌介がソファーで寝てしまっていた。すると、割れた窓に張った、段ボールがガタガタいって、フライパンを武器にして、立ち向かおうとすると猫の鳴き声が。

覗くと、猫がいて、どこから来たのと言う気持ちわかる。抱っこして、玄関から出してあげると、猫おばさんがそこにいて、叫ぶ凌介に、夜中にうるさいと怒ってたけど、普通ビックリして叫ぶわと突っ込みたくなった。

どうしてと聞くと、この間逃げて行った男見つけた?と言い出した猫おばさん。見てたんだ。猫なら顔分かるんじゃないと残念な返事。凌介に、脳にもやがかかってるでしょと不思議なことを言っていた。

またぷろびんだよ。今回は、海岸でいつもと全然違うトーン。いつもの能天気なぷろびんの方が好きだなぁ。凌介が、真帆たちが失踪する直前に、家族旅行をキャンセルしたと言い出した。

猫おばさんの、指摘は正しかったようで、気になっていることを、瑞穂と橘に相談することに。その電話が終わると、また来た菱田。今回は掃除だって。猫のこと聞いたら、木を登って結構来ると言ったけど、25年猫飼っていたものとして、4階は登ってこれないと思うけど。

その頃、菱田家では息子君が、ごめんなさいと押入れの前で言っていて、思いつめているようで可哀そうでした。何が入っているのか考えてみたけど、篤斗君のもの何か盗んだか、母が仕方なく持ってこなきゃならなかったものと予想。

至上の時に凌介が着くと、瑞穂と橘は先に来ていて、日野が、旅行のキャンセルのことを聞いてきた。篤斗君が、サッカーで10番をもらって、強化合宿に行きたいと言うからキャンセルしたと。それにしてもタイミング悪すぎで可哀そうになってくる。

凌介は、真帆たちが歩いている画像を紙にコピーして持ってきて、何かおかしいと思わないと言うんだけど、自分でも何かがわからなくて、大分ふわふわした感じで持って来たねと日野に突っ込まれる。

いつもの瑞穂の優しさが出て、言葉にできない違和感って意外と当たってたりするとフォロー。橘は、ぷろびんに冷凍遺体の情報を送り付けたアカウントを突き止めたと。でも個人情報にはたどり着けず。

冷凍遺体について知ってる人は、大分限られると凌介と瑞穂。他のはステアカだったけど、これは以前からあると言い、勝つのは僕の愛だとか書いてあって、橘は片思いしてるんじゃないかと、そして、瑞穂のことが好きな人物。これは、以前から瑞穂のことが好きなのではと感じていた、望月だと思う。

至上の時を出た凌介に、見知らぬ男性が突撃で、学生の頃のアルバムを見せてきた。この人知ってますかと言われ、懐かしいと答えちゃう凌介。橘と瑞穂に人が良すぎると頼りなく思われるのわかるわ。

すると、ぷろびん登場。反社との関係を認めましたと。そこに橘が来て、訴えると言うと、逃げて行った2人。ぷろびんが橘を見て、あいつと言ったのは、見覚えでもあるのか…。

凌介は翌日に会社に呼ばれ、大阪の本社から来た男性、態度悪すぎで、大阪の人ってこんながら悪いのと誤解されるからやめた方がいい。

捜査協力のために警察の要請に応じ発表は控えさせていただきました。情報が流出したことに関しては、原因究明と再発防止に努めますと発表することで収まりました。

凌介の復帰を、同僚みんなが喜んでくれた帰り道。信号待ちしていると、後ろから誰かに押され、車に轢かれそうになった凌介。そこに、瑞穂が来て助けました。このタイミング。。。

警察に電話しようとする瑞穂を止め、それより一緒に確認して欲しいことがあるって会社に行ったけど、警察にすぐ電話してからでよかったのでは。怪しい男が見ていたのに。

凌介は、今頃って言いたくなるけど、真帆が、篤斗が車道側を歩いていたらバイクとぶつかりそうになり、絶対車道側を歩かせないと言っていた。小3から手を繋がなくなったと。

翌朝、菱田にタッパーを返しに行った凌介は、息子君が傘を出したときに、真帆と同じ傘を見て、それを開いてみると、やはり真帆の傘だった。

これは、いくらでも言い逃れできる。真帆さんから以前借りてそのままで。私も同じ傘買ったんですとかね。

※この記事のアイキャッチ画像は、日本テレビ公式ホームページから引用させていただいています。

スポンサーリンク
ぽちっと応援してもらえると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする