優が梨央の前に!ドラマ『最愛』4話の感想と予想!ネタバレあり!

スポンサーリンク
Pocket

及川光博さん演じる、後藤が、「自分には家族も友人も恋人もいない。」寂しい人間だと言っていたけど、あんなにカッコよくて、恋人がいないって想像出来ない。

だから、会社がかけがえのないものだと言っていた。梨央に敵対心むき出しなのは、梨央がいなければ自分が社長になるはずだったことを知ってるから?ただ会社を守りたいから?

大輝が会社に来たときの加瀬との会話に、時々バチバチ音がしそうな男VS男の空気が緊張感がありました。

梨央が大輝にすがって泣くシーンは、昔のようには戻れないんだなと痛感して切なくなりました。

スポンサーリンク

しおりが後藤を脅迫!加瀬VS大輝!三角関係?

しおりの書いた記事は、裏付けもしていない、ただの嫌がらせと加瀬が言うと、嫌がらせが続くこと自体が問題。外にはマスコミもまだ大勢いると後藤が言い、気を付けますと頭を下げた梨央。

後藤は「違います。社長としての資質に疑問を持っている。」とハッキリ言いました。いくら古株でも、社長に部下がそこまでハッキリ言えるのかなぁ…って言ってるんだけど。

梨央が力を入れている、創薬事業がとにかく気に入らないのが伝わりました。加瀬の助け舟は完全無視され、つまずくようなことがあれば責任を取ってもらいたいと言い、梨央も、その覚悟でやっていると。

梓と梨央、加瀬の3人で中華料理を食べながら、梓は「ずいぶん。後藤さんに詰められたんだって。」とずいぶん情報が早いな。加瀬が言ったのかな?

昭が毎日、真田ウェルネスに通っていて、それを止めさせたかった梨央が男に500万を持たせて、渡すよう指示したと警察は推測していた。複雑そうな表情の大輝が印象的でした。

後藤はしおりに会い、記事のことを聞くと、真実かどうかは問題じゃない。世に出ればそれが真実になると言い、目的を聞かれ、真田カンパニーがたくさんのペーパー会社を持っていますよねと、資料を見せられ後藤が鼻血を出したときはビックリ!

お金は要求してこなかったけど、また連絡すると言って、しおりは脅迫してきたってことね。後藤は、情報屋の男性に電話をし、橘しおりを調べるよう指示すると、何でもやると言ってきたのはあなたの方ですよねと言っていて、やはり近づいたのは情報屋の方だったのかと予想が当たっていました。

会社の方には、大輝と桑田が来て、加瀬は反対したけど、梨央が受け入れ、加瀬にも同席してもらうことに。

大輝を見ると、「先日はありがとうございました。」とまた他人行儀な話しかた。桑田に若い男の写真を見せられ、公園付近で見かけたか聞かれたり、会社に似ている人物はいませんかって聞かれていたけど、あの映りじゃわからないと思うんだけど…。

梨央も加瀬も知らないと。大輝が加瀬に質問する瞬間の、加瀬を見た一瞬、ドキッとした。事件当日のことを聞いていて、つまりアリバイですよね。私も500万を渡す若い男性が出てくる前は、加瀬が梨央の為に…と少し思っていました。

無言になった加瀬は、防犯カメラで確認済みなのになぜ聞くのかと、自分が疑われているのがわかって、内心腹が立ったのだなと思いました。相手が大輝だから余計そうだったのかもと思いました。

大輝は「形式的なことですから。」と言いながら、怖い空気を感じました。加瀬が自宅で、梨央にメールをしたと言うと、桑田が、2人は交際してるとか?と言った瞬間の梨央と大輝の表情、加瀬の慌てて否定する姿が、面白かったです。

加瀬があんなに、動揺した姿は初めて見た気が。加瀬は大輝を送るときに、仲良くしていた梨央を疑えるんですかと嫌味なのか、梨央は今、すべて失うようなことはしない。そんな愚かな人じゃないのは知ってますよねと、挑戦的な言い方にも、2人が親しかったのを分かっているようにも聞こえました。

情報屋から後藤に連絡があり、しおりが大学を1年間休業していて、その間に両親が離婚しているけど、休学の理由はわかりませんでした。気になりますね~。

桑田が上司に、大輝と梨央の関係を聞いていて、深い関係に見えたと言ったのがやはり女性って鋭いのか、加瀬と梨央に恋人ですかと言ったときの大輝がわかりやすかったのかも。

梨央は、また薬の勉強をしていたのかな。本を持ったまま、ソファーで洋服のまま寝ていたら、何度もチャイムが。凄い勢いでノックされ、慌ててドアを開けると加瀬で、電話が繋がらないと、心配していて。そんなに心配することかなと思いました。

それにしても、大会社の社長が、オートロックのない部屋に住んでいるのが、不思議。好感も持てるけど。

ネットで、梨央たちの治験薬が承認されても使ってはいけないと酷い記事が書かれていて、兄の政信が梓に、梨央のせいでうちのグループが崩壊すると文句を言いに来ました。政信久しぶりに見た気がする。できればあまり見たくない…。

どっしり構えて、政信に気にしないように言っていた梓が、一人になると気にしているのが伝わってきました。

大輝の胸で泣く梨央!情報屋は優だった!そして昭を殺したと…!

会社に行く途中、電話があり、創薬ラボ所長の海野と治験コーディネーターの所へ。治験者とその親が、真田ウェルネスのネガティブな記事を見て、止めたいと言ってきたと。

桑田が大輝に、ネットの中傷記事を見せ、実情はともかく、全部持ってる美貌の女社長。やっかみでしょうねと言ったのが、梨央がだたのお金持ちの娘じゃないことをちゃんとわかっているのが伝わって嬉しかった。

創薬ラボに梨央が出勤すると、仲間の様子がおかしくて、一人の男性が記事を見せ、本当に治験は大丈夫なんですかと詰め寄るシーンも。海野が上手くさばいてくれました。

海野は「もちろん私は信じてる。」と言い、でも、「これ以上騒ぎが大きくなることはないわよね。」と念を押してきた。

警察はずっと梨央を見張っていたのかな?帰宅途中で梨央を見失ったと、大輝が応援を頼まれたとき、上司の山尾が梨央との関係を確認してきて、本当のことを今更言えないよね…。

梨央は、誰もお客さんがいないような、古い感じのお店で、テレビを観ながら食事していると、駅伝のニュースで、白山大学が7位に入っていて、昔のことを思い出して嬉しそうだった。

大輝が梨央の携帯に電話して、居場所がわかり、大輝一人でお店に来た。携帯変えてないことにお互いビックリしていたけど、2人に視聴者がビックリですよ。

梨央が駅伝の話しをしたときの、松下洸平さんの演技上手だなぁと思いました。梨央も昔の梨央に戻ったような話し方で。

大ちゃん結婚は?って聞かれたときの動揺と、巣に戻った感じ。私もと言われてすぐに、知ってるよと言ったのも笑いそうになりました。

結婚は?と聞かれ、俺の身辺調査はどうでもいいって、お互い結婚もしていなくて、なんか複雑だなぁ。

お店を出て歩き出し、信号で止まると、大輝の背中に向かい、「私やってないよ。渡辺昭さん殺しとらん。」方言がまたいいね~。背中を向けた大輝が、沈黙の後「信じるよ。お前じゃないってこと俺が証明する。」と言ったときは感動しました。

薬作るの諦めるなと言われ、涙を流して、大輝に抱きついた梨央。涙が止まらない梨央の肩を抱こうとした大輝は手を握って我慢していた。やはり、刑事と参考人なんだなと寂しく思いました。

大切な人に誇れるようにと考えながら、優の絵ハガキを見る梨央の気持ちが、優に伝わっていない気がしてならない。

梨央は、治験者に直接話せないので、説明会で配布してもらう説明資料を作って、冷たくされてもコーディネーターに渡しました。

会議が行われ、梓と政信も参加。後藤と政信が記事を、梨央が事件に関与していると言っているようなものだと追及。加瀬が反論しても後藤の追及は止まらず…。梨央ピンチ…。

その時ちょうど、海野にメールが来て、治験コーディネーターからの連絡で、治験を中止したいと言っていた人物が、治験を続けたいとSNSに書き込んでいた。

加瀬と梓の助け舟もあり、梨央は社長を続けることに。

大輝の方は、マンスリーマンションの生田誠という男が写真の男だと突き止め、話を聞いていると、ちょうど生田が帰って来て、逃げだした!大輝が追いかけて、元駅伝のエースだから、絶対捕まえると思ったのに、踏切のせいで逃げられた。

その後、大輝に生田は電話した。どうして大輝に電話したんだろう。梨央にはメールを送り、大輝は生田の部屋で、梨央はそのメールを開き同じ動画を見ていた。昭を生田が絞殺する様子を。

呼び出された屋上に行くと、生田が現れ、やはり予想通り優だった。もう会うつもりはなかったと言っていたけど、逃げる資金がないから梨央に連絡してきたんじゃないかな。

なぜ、昭を殺さなければいけなかったのかも疑問。梨央を陥れるためにこんなことをしているんじゃないかと思ってしまいました。考えすぎですか…。

※この記事のアイキャッチ画像は、TBS公式ホームページから引用させていただいています。

スポンサーリンク
ぽちっと応援してもらえると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする