小栗旬がハメられる!ドラマ『日本沈没』2話の感想と考察・ネタバレ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラマ日本沈没
Pocket

ドラマ『日本沈没』のナレーションが、またこのドラマにあっているなぁと1話から思っていて調べると、ホラン千秋さんでした。

天海のメンタルの強さが羨ましくなるkuronekoです。

椎名と天海が似ているのは、似たような経験をしたからだとわかりました。

天海が濡れ衣を着せられ、上司の仕業だとわかります。

Sponsered Link

癒着疑惑の黒幕にされた天海!

田所の言う通りになったのに世良は認めようとしない。

周りの石塚(ウエンツ瑛士さん)相原(中村アンさん)達も笑って済ませてしまいました。

そのときに、天海だけは厳しい顔でずっと世良のことを見ていたのが印象的でした。

会議が終わると、親友の常盤が心配し、どうしたと聞いてきて俺たちが向き合ってるのはもっと大きな問題。

関東沈没のことをはっきりさせたいんだと天海は言いました。

天海の元に椎名が訪ねて来て、週刊誌の先刷りを見せてくれると、そこには、天海が癒着疑惑の黒幕と書かれていました。

タイトルはエリート官僚なのに、文章では天海のフルネームと写真まで載っていて。

事実無根だと言う天海に、あなたのうわさを聞く限りありえない話じゃないと椎名ってホントはっきり言いすぎ。

異動させられるのもわかる気が…。

天海だから「それはお互い様だろ。」で済んだけど。

 椎名が天海に協力する理由!

「絶対突き止めてやる。」と天海が言うと「情報の出所調べましょうか。」と、最初から椎名は天海を疑っていなかったのがわかります。

「どうせ見返りが欲しいんだろ。」「もちろん。」と会話していたけど、椎名は天海を応援しているのではと、なんとなく感じました。

局長の藤岡に呼ばれ、室内で数人のお偉いさん?に質問された天海。

「私は潔白です。訴訟を起こしてでも…。」と言っても、田所さんとは何回もあってるんですよね。

奥さんと別居中じゃ何かとお金がかかりますよねと、私生活のことまで言われ言葉が出ない天海。

調査結果が出るまで謹慎を言い渡されました。

藤岡が、結果的に君の将来に傷がつかないと言って応じるように説得しても、到底納得できないと言った天海。

強いなぁ。

石橋蓮司演じる・里城副総理が天海を批判!

総理たちが、その記事を読んで信じてしまいます。

会議のメンバーから外した方がいいと総理が言うと、副総理の里城弦(石橋蓮司さん)は、総理が天海を選んだことは失態。

会議自体必要なのかと言ってきました。

そんな最中に、田所の所に向かった天海。

大丈夫なのと思いましたが、田所はのんきに?うな重を食べていて、天海を見ると「来たか共犯。」と洒落を言って「捕まったら食べられないから、今のうち。」と。

「あなたに関わったせいで、散々です。」と恨み節を言う天海に、海保から本物のデータを貰うように指示。

天海が田所に、東大時代の研究費流用の件を聞くと、研究を急ぐためと言いました。

今回の件も広告塔になっただけで、それで私の研究が進めばと研究の為なら何でもしそうで怖いです。

kuronekoも何故、優秀な研究者が研究費の流用や今回の事件にもかかわっているのか気になっていたので、少しすっきりしました。

何とかデータを入手しようとするが…!

天海は、じゃあなぜ自分に海保のデータを頼むのかと聞くと、田所は立ち上がり急に声を荒げた。

そして「君に頼まなきゃならないくらい切迫しているんだ。」と言った時、ご飯粒飛ぶんじゃないかと思いました。(笑)

君もはっきりさせたいんだろうと田所が言った言葉は、図星だと思いました。

天海の表情が変わったからです。

その足で天海は、海上保安庁 海底調査課に行きデータを開示してもらおうとしても、上に取りつがないように言われてると一蹴されてしまいます。

相原が常盤に「天海と距離を置いた方がいい。」と忠告してきたのはなぜだろうと思いました。

常盤ははぐらかして、それほど仲がいいわけじゃないようだったので。

その後、天海と常盤はいつもの場所でご飯を食べながら、天海が常盤につてで、データ入手できないかと言うと立場が分かってない。

上は、お前の代わりのメンバーを選んでいると忠告しました。

天海捨て身の逆転劇!

そこで天海は、謹慎中のはずなのに総理に直接会いに行き、見苦しいと言われながらも、総理が計画している首都機能分散の提案書を渡しました。

自宅に帰りお酒を飲みながら、妻に電話をした天海。

大丈夫よと妻に言われ、仲がいいものだと思っていたのに、別居の話しを始めると妻が離婚しましょうとはっきり言ったのには驚きました。

弱り目に祟り目…と心配していたら、翌日の日本未来推進会議に出席。

天海のメンタル強すぎ!

そして、首都機能分散のテーマを長沼(杉本哲太さん)が提案してきて、まず天海に意見を聞きたいと。

会議が終わり、常盤が天海を魔法使いと言って感心していました。

天海がまた関東沈没の話しをすると、常盤がデータを入手してきたけど田所が持っているものと同じでした。

天海と椎名の共通点!

その頃、椎名が天海の母・佳恵を訪ね、天海がどうして環境省の官僚になったのか話を聞いていました。

父親が亡くなり、父の為にも海を守りたいと思ったのが伝わりました。

お線香をあげる椎名を見て、天海が妻と別居したのは椎名の存在があったからだと誤解する佳恵。

私は全然かまわないと嬉しそうでした。

常盤が天海に、何故そんなに引っかかってると聞くと、あったかい水が気になっているのと、世良教授の言葉が強くなればなるほど隠そうとしていると感じてしまうと。

COMSが関東沈没に関係しているなら、俺たちは関東沈没に手を貸している。

どう償えばいいかと言うと、常盤の表情がこわばり、大きな声で田所博士の暴言だと言うと、これ以上俺を巻き込むなと言って帰って行きました。

入れ替わりに椎名が来て、どこにでも来るなと驚く天海。

どうしてそこまで付きまとうまで言っちゃう天海に笑いそうになりました。

気にしてないような椎名は、興味が湧いたからだと。

そして父親の話しを始め、正しいことをした人間や、弱い立場の人間が理不尽な思いをするのが許せないと言ったとき、それ天海が同じこと言っていたと思いました!

天海をハメたのは上司の藤岡だった!

天海は1人で調べて、上司の藤岡がDエステートから多額の不動産を受け取っている証拠を見せる。

頭を下げる藤岡に、調査委員会でも率先して自分を犯人扱いしたそうですねと言ったとき凄い情報網と思いました。

何が望みだと言われ、生島自動車社長の生島誠に会わせてもらいます。

生島と2人で話し海保のデータに改ざんの可能性があると言うと、最初、命乞いとかぼろくそ言われていました。

でも根拠を聞かれ、世良教授の目が明らかに動揺していたと言い、大元のデータさえ確認できれば全てはっきりすると言いました。

数日後の首都機能分散の会議で、先日の海保のデータの話をする天海。

データの書き換えが行われていて、アクセス履歴から安藤が改ざんしたことがわかり、みんながざわつきます。

海保に保存されていた映像に、スロースリップが映っていました。

安藤は泣きながら世良の指示だと明かすと、世良が言い訳を始めたのが見苦しかったです。

そして天海に、2人きりで話せないかと言い、君に寝首をかかれるとは思わなかったと一言目に恨み節ですか~と呆れてしまいました。

本物のデータを入手!

ずっと田所が邪魔だったと嫉妬をのぞかせ、君が余計なことを掘り起こしたと言ったとき、この人何にも反省してないとまた呆れてしまいました。

二人きりになりたいと呼び出して、そんなこと言ってるのと腹も立ってきました。

天海が関東沈没の可能性を聞くと、1割と答え、それをこんな大事にして首都経済を停滞させて本当にそれでいいのかと大声を出し。

もう好きにしろと、捨てゼリフまではいて去っていきました。

お偉い学者さんは、自尊心を傷つけられ、よっぽど悔しかったんでしょうね。

「君がどうするかは君が決めろ。」と田所に言われたときの天海の表情が印象的でした。

公園で天海が寝ていると、嬉しそうに椎名が声をかけてきて、いい記事が書けましたと記事を渡し藤岡の名前が載っていました。

藤岡はあなたを世良教授に紹介し、日本未来推進会議に推薦した恩人なんですねと言われた天海。

君は恩人には手心を加えるのかと椎名に聞くと、徹底的に糾弾しますと言い、それを聞いた天海は自分と同じ匂いがすると言いました。

もっと前から、kuronekoは感じていましたよと思いながら観ていました。

椎名が天海に「何と戦っているんですか。」と聞くと、戦ってるつもりはないけど、正しいことをやろうとすると障害が多すぎると言いました。

天海は椎名に、自分のネタを書かせたのは誰かと聞くと経済界の重鎮と言ったとき、生島誠が浮かんだけど、今回協力してくれたんだから違うな。

その重鎮は、里城と深いつながりがあると聞き、里城が天海を潰しにかかったことがわかりました。

田所が官邸に来て、シュミレーション映像で説明し、遅くても1年以内に関東沈没が始まると言いました。

ドラマ『日本沈没ー希望のひと』配信中↓

ドラマ観るなら<U-NEXT>

ドラマ『日本沈没ー希望のひと』オリジナル特典付・ブルーレイボックスはこちら↓

※この記事のアイキャッチ画像は、TBS公式ホームページから引用させていただいています。

タイトルとURLをコピーしました