即興で歌っちゃう!ドラマ『スナック キズツキ』2話の感想と予想!ネタバレあり!

スポンサーリンク
Pocket

ドラマ『スナックキズツキ』2話では、1話でクレーム電話を入れていた安達さん(平岩紙)が来店。今回は、ピアノが出てきて、お客さんにまで弾かせるトウコママの強引さに、即興?とまた驚くお客さんに笑えます。

そして、安達さんもちゃんと、即興で歌詞考えられるから凄い。もちろんドラマだから即興じゃないんだけど、入り込む性格のkuronekoは、完全に「この人即興でよくこんな歌詞出てくるわ。」と毎回感動しています。

スポンサーリンク

モヤモヤする安達さん!自分ばかり損してる!

安達さんは、クレーム電話を切った後、なんだか落ち込んでいるように見えました。またやっちゃったとか思ったのかなと勝手に想像してしまいました。

配達の酒屋の男性が、ママに聞いていて、『スナック キズツキ』は開店して5年だということがわかりました。

スーパー?デパート?に勤務する安達さんは、総菜を入れたら、「欠けてる部分が多いから入れ替えて。」とか、「200グラムって言ったんだからきっちり200グラムにして。」「早くしてよ。」と追い打ちをかけられるし、焦って余計時間かかっちゃいそうで、ストレスもたまるねと思いました。

同僚の野口さんは、子持ち主婦で、独身らしい安達さんに、よく前日にシフト変わってと言ってくる。歯医者の予定が入っているというと、「それずらせない。」ってちょっと自分勝手と思い、kuronekoまでイライラしてしまった。

kuronekoもバイト先で、いついつ出てくれないと言われたことがよくあったので。子供がいなくても条件は同じなのに。それに、無理と言うと予定聞いてきたり、それずらせないのと言われると怒りすら覚えていました。

観ていたら安達さん、優しすぎるのか、断り切れないのか、大人しいイメージだな。その同僚、余ったお惣菜を選ぶとき、「シフト変わってもらうから安達さん先に選んで。」と言っておきながら、結局自分の好み言い出して、先に選んじゃったよ。

譲ったはいいけど、安達さんの「もやもやする。」の心の声に笑いそうになりました。

バスでは、隣の太めの男性が、大股を開いて座っていて窮屈そう。これは気持ちわかるわ~。バスを降りるとき、その男性がまごついていて、些細なことでも私ばっかりと思っちゃうんだろうな。

そんなときに、『スナックキズツキ』に辿り着いた安達さん。スナックなのに、お酒がないと聞いて少し驚く安達さん。1話の中田さんと同じです。

トウコママは、飲み物も料理も上手なようで、今回は、ラッシーとミネストローネでした。

せっかく癒されているときに、同僚からのLINEで、塾の面談来週になったから。やっぱり明日は私が出るよと。それを読んで思わず、もう歯医者キャンセルしたよと口に出してしまう安達さん。

振り回されているのに、ご連絡ありがとうございます…。と丁寧に返信するのはkuronekoとは違うなと、了解ですくらいしか返信しないな。

でも安達さんは、都合のいいこと言ってくる人に丁寧に返信する自分が嫌だと思っていました。昔から損していると、小学生の出来事から思い出して、根深いなぁ。

安達さんの気持ちがわかる!ピアノで弾き語り!

今はそうでもないけど、昔は毒親に八つ当たりされ続けていたので、自分ばかりってよく思っていたので、昔のことを忘れられないと、ちょっとしたことで「私ばかり。何でこんな目に遭うの。」と過敏になってしまうんだよね。

でも、クロワッサンは、子供の声がしただけだから、自分でとっちゃうかな。やっぱり優しいのかな安達さん。それとも人の目が気になる?

安達さんは、いつも言おうと思っているのに言えないらしいけど、kuronekoは言い過ぎなのに、なぜ損するんだろう。

ミネストローネを食べ終わった安達さんに、「あんたピアノやってた?そういう手してる。」と言ったけど、kuronekoのお友達で、高校生のとき、地方から東京の先生にレッスン受けるために通っていた子がいたけど、その子、アンパンみたいな手していたけど、手で分かるのかなと思いました。

ピアノ全然弾けないけど、折り畳みのピアノがあるんですね。便利だなと気になりました。弾き語りを始めるママ。「もしかしたら、自分のことを歌いたくてそのためにピアノを習ったのかもね~。」の歌詞にグッときました。

安達さん、え?弾き語り?って少し驚いていたのに、ママの歌詞を聞いてスイッチが入ったかのように弾き語りを始めた。「上手そうなとこだけ入れろって、全体のバランスあるだろ。」笑いそうになりました。

みんなが主張してることが羨ましいようで、主張主張歌っていたら、ママの「自己主張。」の合いの手?がまた受ける。安達さんが関西弁になると、「そりゃそうや。」と関西弁の合いの手が出てきて、面白くてクセになる。

歌い終わった安達さんはやはり笑顔になっていました。お店を出るとママが呼び止め、カードを渡しました。それには、「この店がある限り。来店時、ラッシー1杯無料。」には、ママの優しさが伝わりました。

配達の酒屋さんが、配達でもないのにお店の前に来て、鳥の糞が付いて仕事に行けないとママに愚痴を言うと、布巾を貸して、「コーヒーでも飲んでいく。」と言うと、嬉しそうな酒屋さん。いろんな人の心を癒すトウコママ素敵ですね。

安達さんはそれから、いつも売り切れのクロワッサンを譲ってもらったり、楽しそうに仕事をしていました。

※この記事のアイキャッチ画像は、テレビ東京公式ホームページから引用させていただいています。

スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援のクリックをしてもらえると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする