奇跡の50代・原田知世主演!ドラマ『スナック キズツキ』1話の感想と予想!ネタバレあり!

スポンサーリンク
Pocket

原田知世さんが、スナックのママを演じると聞いてどんなママになるのかと、イメージがわかなかったけど、スナックって感じではありません。

いつもの原田知世さんのイメージのままの、透明感のある中に、個性的な部分もある衣装でした。

あの優しい声で、お客に無茶振りするのが、笑いそうになりました。それに応える成海璃子さん演じる、OLも凄いと思うと同時に、クスッと笑えるドラマでした。

スポンサーリンク

吸い込まれるように入店した中田さん!お酒のないスナック『キズツキ』!

コールセンター勤務の中田さんが、今回のお客さん。偶然見つけた、スナック『キズツキ』によく入れるな~。わかりづらい場所にあるのに、帰りたくないと考えて歩いていたから、吸い込まれたのかな。

いきなり、私がお酒飲めないから、この店お酒ないって、スナックじゃない気がする。というかスナックではないと思う。

中田さんが言っていたように、なんだか落ち着くってわかる店内とママの雰囲気でした。

中田さんは、お客さんからの苦情電話で、同僚にも同情されていたけど、お客の安達さんの言っていることは理解できる。

kuronekoも同じ経験して、電話したことあるけど、組み立てが苦手な人が、やっと組み立てたものを、解体して箱に入れて送り返してはないわ~と思いました。安達さんの言うように、不良の部品を送ってくれれば済むのに。

でも中田さんのせいじゃなくて、マニュアルを見直さないとってことだから、中田さんもかわいそうだけど。実は、kuronekoもコールセンター勤務経験ありです。

だから、両方の気持ちがわかる。特に、上司に代わってと言われ、上司が自分で処理してという顔をされて、変わってくれない上司もいたし。

新しい商品に交換すると言った矢先に、品切れ…。うわっこれはついてない。一気に、安達さんの怒りヒートアップ。

最終的に、もういいですと言って電話を切った安達さんだけど、あの一本だけ足の短いテーブルあのままじゃ使えないけど…本当にいいの?

仕事帰りに、またスナック『キズツキ』による中田さん。ソイラテに癒されて、疲れている感が滲み出ていました。

イケメン彼氏が待ち合わせに遅れるので、また『キズツキ』に寄った中田さんは、ママが作っ ていたカレーを見て、美味しそうと思ったけど、彼氏とこの後、居酒屋だから我慢したよう。キーマカレーっぽい、ママおすすめのそのカレー、美味しそう。私も食べたくなりました。

居酒屋で待っていると、側のテーブルで、皿うどんを注文していて、いいなと思いつつ、彼氏が来ると、あまりお腹がすいてないと言われ、皿うどん食べたいと思いつつ言えない中田さんにビックリ。

もろきゅうを食べながら話す彼。週末は友人との予定で会えないようで。寂しそうな中田さん。彼氏は全然気づいていないようで、なんだかな~と思いました。

ママの無茶振りに歌いだす中田さん!笑顔で帰る中田さん!

また、『キズツキ』に行って、カレーを食べる中田さん。中田さん好みの美味しいカレーに笑顔になっていました。お腹がすいてきた。そういえば、中田さんが来店したとき、いつも貸し切り状態のお店。

お客としては落ち着くけど、お店の経営大丈夫?そんなこと一瞬思っていたら、カレーを食べてホッとなごんでいる中田さんにママが「ところであんたキーは低めかな?」

「はい?」と聞き返す中田さん。そりゃそうだ、いきなりどうしたママと思っていると、「カラオケ」と言われ、少し慌てる中田さん。断ってるのに、ギターを持ちキーを合わせるママ。マイペース、強引?でも、そんな風に感じさせないのは、原田知世さんが演じているからでしょうか?

まさかの生演奏と中田さんの心の声に、笑いそうになりました。当たり前のようにマイクを渡すママ。今のあんたの気持ちを適当に合わせるから歌ってと言われ、中田さん歌いだした!

最初はぎこちないけど、途中から不満がどんどん出てきて、即興凄すぎる!「私はあなたじゃなくて中田。最初に名乗ってるのに誰も聞いちゃいないのさ。」で、確かに聞いてないです。

「もう一度名前聞いてくる。威嚇なのかな。でも怖くない慣れたから。」威嚇の人もいるのかなと感心していると、ママがあの可愛らしい声で、「慣れたから~」と合いの手?入れてきて笑いそうになりました。

最後の、マニュアルだけなんだのところハモるママ。そうしたら、2番いっていいですかって中田さん立ち上がって歌いだしたよ。面白過ぎる。メロディーまで即興でよく歌えるわ。

2番は、彼氏のこと。2年も付き合ってるのに、彼氏に遠慮して、自分の食べたいもの言えないって…。よくそれで2年も付き合ってるなと思っていたら、でも好きなところもあると歌いだし、「どこらへん。」とママのこの合いの手はいいと思う。

見た目より真面目だけど、会った後わびしいのさ~。歌い終わり、すっきりした顔をしていた中田さん。

後日、業者の男性が来て、スナックキズツキの名前を聞いてきて、ママが付けたんじゃないと分かりました。お店のお客さんが付けたのかな。その名前を付けたきっかけがこれから、描かれていくんだろうな。

ママの過去のことも、いろいろ分かってくるんでしょうね。

後日、中田さんにクレーム電話をかけた安達さんが、スナック『キズツキ』のドアを開けました。。。

※この記事のアイキャッチ画像は、テレビ東京公式ホームページから引用させていただいています。

スポンサーリンク
ぽちっと応援してもらえると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする