ドラマ『ボイスⅡ 110緊急指令室』9話の感想と予想!ネタバレあり!

スポンサーリンク
Pocket

ドラマ『ボイスⅡ』8話が終わってからも、片桐と久遠の関係をずっと考えていて、2人は兄弟だと予想していました。でも違いましたね。

こんな考えの人が、解剖医や刑事なんて怖くて仕方ないです。まぁその辺はドラマですから、こんな人は実際にはいないと思いますが。

樋口たちは、簡単に久遠の別荘に入って行ったけど、あそこで久遠が予定通り、別荘を爆破させていたら、ジ・エンドだったなぁと思うと久遠の方が一枚上手なのかなと思ってしまいました。

スポンサーリンク

撃たれた重藤!久遠が緒方の指を切断!

久遠は、樋口が片桐を撃つと計算していた。それを樋口が気づいたのはさすがだと思いました。片桐を撃たずに逃がしたのは、片桐を殺人犯にはしたくない久遠を分かっている。そして、片桐は絶対に久遠に指示を仰ぐ。泳がせたってやつですね。

途中で片桐が、久遠に電話していると、重藤(兄)は、銃を奪おうとして足を撃たれ、殺そうとする片桐を久遠はやはり止めました。

救急車で運ばれる重藤は、自分のすぐそばにいたのに気付かなくてごめんと樋口に謝りました。責任感じるのは当然だし、後々、処分もされるでしょう。

でも樋口が、泣きごと言ってる暇があったら早く治して帰って来い。と言った言葉に優しさと厳しさが伝わり、『科捜研の女』の土門刑事を思い出しました。

運ばれる最後に、死ぬなよと重藤が樋口に言ったのが、涙が出そうになりました。kuronekoも樋口死なないでって思ってる。大樹君が可哀そうすぎるから。石川を自分のせいで死なせてしまったという思いもあっての言葉だと思います。

久遠の母・由紀子は、有名な舞踊家の娘で、今は伯母しか親族がいないけど、何度頼んでも話はしたくないと断られ、何かを絶対知っていると樋口たちは睨む。ひかりは、由紀子が久遠を産んだ年に、白骨で発見された5人と小野田も同じ地区に住んでいたことに引っかかっていました。

片桐の父親が、久遠に殺された中の一人で、父親は詐欺まがいのことをし、母親に暴力を振るい、両親が離婚していて、父親を殺してくれたと久遠に憧れのようなものを感じたんだと思います。

緒方は自宅で、片桐のパソコンを調べ、殺人の実況中継をしていたことを突き止め、深入りしないように言われていたのに、自信家の緒方は、サイトをつぶす作業をしてしまい、その直後、片桐が部屋に侵入してきて殴られました。

目が覚めると久遠もいて、両手足を拘束され、ECUに電話させられ、久遠は緒方の指を切る音をみんなに聞かせたのは、怖かったです。その直前に、何故警察官になった?自分の承認欲求を満たすためだろうと言われ、何も言えなかった緒方。

樋口たちが、緒方の部屋に到着し、あいつに言われた通り、自分が凄いと思われたかった。指の一本や二本…。と言った緒方の迫力は、これからは誰かのために、仕事を出来る気がしました。

39年前に暴行された由紀子が産んだ久遠!出頭してきた久遠!

久遠の伯母は、当時塾を経営していて、小野田と殺された5人もその塾に通っていたことがわかり、繋がっていく関係。樋口とひかりは、伯母の家を訪問し、事情を説明すると、あっさり家にいれてくれたのが意外でした。

伯母は、39年前に小野田が自分に訴えてきて、殺された5人が由紀子を暴行していたのを、外で監視させられていて、助けを求める声がしたのに、怖くて無視してしまったと。

その後、由紀子は妊娠し、反対を押し切って久遠を出産し、由紀子の姉が亡くなるまでは、うまく行っていた由紀子と久遠。姉が亡くなってから家を追い出され、久遠の顔を見ると男たちの顔を思い出してしまい、顔に白塗りをし、虐待するようになってしまった。

子供の久遠が、由紀子に煙草を体に当てられていても、我慢して声を出さないシーンが切なかったです。

愛してるのに、暴行されたときのあいつらの顔を思い出してしまい、自分でもわからないと。その後、由紀子は自殺未遂を繰り返し、久遠が大学生になった頃にまた行方不明になったと。

久遠が鎌倉方面に向かったことがわかり、伯母に久遠が行きそうな所をたずね、居場所を突き止め向かう途中に、ひかりは久遠が、樋口に羨望と嫉妬が入り混じっていると言うと、奴と向き合った時、引き金を引くかもしれないと樋口は言いました。

別荘に到着すると、久遠の姿はなく、死んでいる由紀子の遺体が横たわっていました。久遠が飛び降りた音をひかりは聞いたけど、見つけることは出来ず、緒方の指のことで、時間はかけられないと考えたのだと思います。久遠を挑発する樋口。

母親の遺体に向かって、火を放ちましたが久遠は見ているだけで、我慢しているように見えました。涙を流して、母親の最期のことを思い出していました。由紀子は優しい顔になっていました。

久遠は、別荘を爆破するのを止め、最高の選択をすると言い、報道機関に久遠から連絡があり、39年前の母親が暴行された件も報じていて、母親が受けた被害を公の元にすることを選んだんだと感じました。

その直後、久遠は警察署に出頭してきて、緒方の指が入ったクーラーボックスを持っていたけど、中に爆弾とか入ってないよね。気を付けて樋口と思いました。

※この記事のアイキャッチ画像は、日本テレビ公式ホームページから引用させていただいています。

スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援のクリックをしてもらえると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする