ドラマ『ボイスⅡ 110緊急指令室』7話の感想と予想!ネタバレあり!

スポンサーリンク
Pocket

ドラマ『ボイスⅡ 110番緊急指令室』7話では、石川が逃走してしまい、その原因が死んだはずのあの人物を見たからでした。

小野田と早紀との関係は、kuronekoが最初に予想した通りでした。もっと深い何かが…と前回思ったけど、このドラマそこまで深読みしなくていいのかもと思いました。

でも、石川が信頼する樋口に言っても信じてもらえないと考えた人物の生存は、思いもよらなかったです。このドラマ一番の予想もつかない展開だったかも。

スポンサーリンク

逃走する石川!白塗り男が殺人!

目が覚めた石川が呆然としていると、側には小野田の遺体。そこに男性2人が来て、拳銃を持った石川と小野田の遺体を見られ、石川は逃走してしまいます。とっさに逃げてしまったんだと思いました。

まだ逃走したのが石川だと知らない時に、現場に出動した樋口たちは、遺体が小野田だったので動揺しているのがわかりました。樋口がひかりに、遺体は小野田だと報告すると、早紀もECUのメンバーも動揺。

その直後、現場の側の防犯カメラに石川が映っているのがわかり、ひかりが樋口たちに知らせると、出動班たちは信じられず、ECUのメンバーも言葉を失う事態。樋口が発見者に石川の写真を見せると、この人ですと…。

樋口だけが、石川が逃走したことに動揺していなかったのが印象的でした。

その頃、久遠京介(白塗り男)は、自宅で、最悪の日になるか、最高の日になるかと意味深なことを言っていたのが気になりました。そこに、前回文句を言っていたマンションの自治会長が訪ねて来て、いるのはわかってるとブツブツ言いだして…。

自治会長を部屋に初めて入れたのは伝わってきて、警察無線を流しっぱなしで、全部知られてもいいということだと思い、殺すのかと思っていると、母は寝室だと言い、自治会長が寝室に行くと、母親の鼻の穴に綿が詰めてあって死んでいるのかわかりました。

前回、重症か植物状態と予想したけど、自治会長が足を見た瞬間に、母親は死んでいるかもと思いました。

鼻に綿が詰まっていて、遺体が腐敗していないということは、亡くなって何年も経ってはいない。だとすると、母親が亡くなったことが久遠が、今回の事件を起こすきっかけになったんだと予想します。

母親を見て、腰を抜かす自治会長を例の焼き印で二度と話しが出来ないようにと言い、舌に焼き印をつけて殺しました。

樋口たちの現場では、石川の指紋や遺体に争った跡と手に消炎反応が無かったので他殺と言われ、片桐が石川がやったと決めつけだし、また始まったよこの人と思いました。

若手の刑事なのに、こんなに失礼なことをいつも言う片桐は、kuronekoは実は、以前から表情などを見てきて疑っています。

あそこまで言われて樋口はよく我慢したと思います。それは石川の為、そして信じてるからだと思います。

白塗り野郎は医学部出身?ありえない人物を見て、1人で探す石川!

樋口は、白塗り野郎が関与してる。石川が自分たちに何も言わず、なぜ一人で行動しているのか考え、薬のケースが落ちていたことから、ひかりに着信履歴を調べさせたところはさすがです。

早紀に小野田と電話で話していたことを問い詰めたひかり。早紀は、かつて小野田の下で働いていたときに、後回しにした案件で女性が被害に遭い、そのとき小野田が守ってくれたと告白。

小野田のおかげで警察官を続けてこられた。それで、石川の居場所を教えてしまった。その時に、小野田が過去に犯した罪で「白塗り野郎にからめとられた。」と言っていたのは不思議な表現だなと気になります。

家族を守るために自首はできない。最後は自分なりの責任を取ると話した小野田の言葉は、自殺するように思えました。

樋口が白塗り野郎と疑っている少年は、医学部に入学したことまでは分かったけど、戸籍を何度も変えていて、その先がつかめない。そんなに時間がかかることなのかな?と疑問だし、もどかしく思いました。

樋口は石川が薬を出してもらっていた薬剤師の元へ行くと、何かあったのかとすぐに心配するその女性は、自分が違法なことをしていたのに、自分がどうなるかよりも、石川を本当に心配しているんだなとジーンとしました。

精神的な抑圧から来る病気で、酷くなると記憶が飛んだり、薬を飲まないでいると錯乱状態になると…。もう薬無くなっちゃってるじゃん。石川が心配です。

薬剤師に言われた、意識が途切れた時のために、記憶をしていて何か気づいて、一人で探しているのではとひかりに報告しました。樋口だからわかるんだよねと思いました。

その直後、石川の家からはなまるか描かれた箱が見つかったと樋口は伝えられ、本部長と白塗り野郎が話した録音データがあったと。現場近くのラーメン屋で石川が銃のような音を聞かなかったかと聞いていたこともわかり。

白いワンボックスカーが通ったと言われ、その車の位置がわかり探しているはずだと、樋口たちが向かうと、車の所有者は、戸籍ロンダリングしていてつかめない。またですか~。

ビジネスホテル、ウィークリーマンションを調べてるはずだと樋口は予想。樋口が石川を見つけ名前を呼び、携帯を掲げ電話すると、記憶が飛んで何が起こったかわからないんだろと言いました。

本部長と揉みあって銃の音がした。自分がやったのかもしれないと言う石川に、お前はやってないから調べてるんだろと言われ、レコーダーにありえないことを言っている自分の言葉があったと、とても混乱しているのが伝わってきました。

石川を見失う樋口は、石川が歩いて来た方にビジネスホテルがあると言ってそこに行くと、石川が宿泊者のことを聞いてきたことがわかり、防犯カメラをチェックしても顔がマスクで見えず。

ひかりは声から重藤雄二だと!石川が撃たれて…!

ひかりは声を聞いて、記憶にある声、何度も聞いた…ありえないとひかりはつぶやいてしまいます。石川もそう思ったように。

重藤雄二だと樋口に伝えました。動揺して聞き間違えのはずと言いながら、樋口もあり得ないと言いました。

石川が死んだはずの人間が生きているかもなんて、誰に言っても信じてもらえないから自分で突き止めようとしていると察知した樋口。

遺体を確認したとひかりが言うと、顔は焼かれていた、あの死体が重藤でなかったとすると、あいつしか犯人はいないと。

樋口は部下に、石川の部屋に向かわせ、自分は透を追うと、神奈川医科大学病院に到着。石川はいたけど、重藤(兄)達もすぐに来ると、建物の中に逃げる石川。

石川のことをひかりに頼み、樋口はどこかに向かいました。ひかりは足音ですぐに石川を見つけ、石川に重藤の声だった教えてと言うと、顔に火傷の後があった重藤さんを見た気がすると言いました。

そこに無線で樋口が石川に、重藤が生きているなんて自分も信じられない、それが本当なら解剖書を改ざんした担当解剖医だと言って解剖室に入ると、紙によくできましたのはなまるが…。

久遠京介だとわかり、部下が久遠の部屋に踏み込むと、舌を焼き印で焼かれた、自治会長の遺体だけがありました。

久遠がいなくなったことで、真相がわからなくなったと悲観した石川は、自分のことがわからないとまた言い、そこに重藤(兄)達が来ると屋上に逃げた石川。ひかりは薬を飲んでいない石川が錯乱状態かもと心配します。

樋口も屋上に着くと、石川と重藤(兄)達が銃を向けあい、間に入って石川を守ろうとする必死なひかりには感動しました。

樋口は、白塗り野郎が俺たち仲間が互いに疑い傷つけあい、一線を越えるのを楽しんで見てると言ったのは、以前kuronekoが予想した、樋口だけでなく、ひかりや石川など周りの人物も狙っているというのが当たりました。

石川に、お前が自分を信じられなくても俺が信じているといった樋口の言葉にジーンときました。その後、石川の拳銃がすり替えられ自殺だったと言われ、石川の記憶も戻って来て…。

石川の部屋には小型カメラがあり、そこに黒い服の男が、石川の部屋にはなまるの描いた箱を置いていく姿が映っていました。

石川は、薬剤師に言われた通りに、レコーダーを持ち歩き、部屋にカメラまで設置していて本当に良かったと思いました。ひかりは、重藤雄二が生きているなら…と石川に近づくと人質にされてしまいました。

ひかりはLINEで樋口に、「無線が盗聴。タイミングよく白塗り姿を消した。」と送り「見ているはず。最前列で。」と続けて送った最前列って?とドキドキしました。

その時、石川は樋口にアイコンタクトをしたようでした。ひかりは隣のビルに白塗り野郎を見つけ、優雅に踊っていたと思ったら、「絶望をあげよう。樋口彰吾。」と言い、指で石川を撃つ真似をしました。

なぜか、石川が左胸を打たれ、血を吐いて倒れました。誰が撃ったの?謎過ぎる。白塗り野郎は銃を持っていなかったのに。重藤雄二が隣のビルのどこかに隠れていて撃った?

※この記事のアイキャッチ画像は、日本テレビ公式ホームページから引用させていただいています。

スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援のクリックをしてもらえると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする