不倫だけど純粋な恋!ドラマ『うきわ』3話の感想と予想!ネタバレあり!

スポンサーリンク
Pocket

ドラマ『うきわ』3話では、最初のシーンからドキドキさせられました。急遽、仕事で出かけたのを分かっていても、拓也が浮気しているのを知っている麻衣子がどんな反応をするかと心配しました。

ゴミ出しの時の、一と麻衣子がとても楽しそうで、どんどん仲が良くなって、付き合いたてのカップルのようで、癒されました。

一も麻衣子も結婚しているけど、この先、もし関係が発展しても、ドロドロした不倫とは程遠い雰囲気のドラマ『うきわ』です。

スポンサーリンク

麻衣子の一への気持ち!一と麻衣子のゴミ出しデート?

一と麻衣子がいつものように、ゴミ出しをしていると、拓也と愛宕がタクシーで帰ってきて、その時の拓也と麻衣子の表情が、少しハラハラしました。

拓也の説明の仕方が、動揺していて、愛宕とは何もなくても実際不倫してるからでしょと思ってしまいました。

kuronekoは、とにかく拓也のことが気に入らないんだなとドラマを観ながら気づいてしまいました。

拓也が浮気しているのは知っているけど、相手が誰かまでは知らない麻衣子が、拓也と愛宕を見て、一瞬疑ったのも理解できます。

でも私が愛宕の立場だったら、徹夜の仕事で帰宅して、身に覚えのない、浮気相手という目で見られたら、怒り出すかもしれません。

愛宕のキャラなので、あそこで、不倫じゃないですと言えたんだろうなと思いました。それにしても、社宅に単身者の愛宕が住んでいるというのがとても意外でした。

麻衣子は、愛宕のことは疑っていないようで、それは女の勘?なのかどうかよくわかりません。

麻衣子は空想で、一と2人で、砂場で大きな城を作ってとても楽しそうでした。そこに拓也と愛宕が走って来て、砂の城を壊して走っていき、がっかりする麻衣子を見て、一との時間を邪魔されたと感じたんだと思いました。

自分の気持ちにまだ気づいていない麻衣子は少し戸惑っているようでした。

エスパー愛宕は、一に拓也の不倫相手は歩だと、見てればわかりますよとさらりと言って、観察力が凄いのか、もし違っていたらとか思わないんだろうかとこちらが心配になりました。

一はどうしますと言われ、そんなこと言われてもと言ったけど、そりゃそうだわと思いました。

奥さん可哀そうと言った愛宕にはっきりと、「そういうのはよくない。君の物差しで人を決めつけない方がいいと思う。」と言ったとき、一は、自分の事と重ねているように感じました。

いつものベランダで、一がタバコを吸っていると、麻衣子が話しかけてきたと思ったら、壁の下からこれと言われ、一瞬ビビる一が面白かったです。

夜だし、いきなりドーナツが出てきても一瞬何かわからないと思います。麻衣子が、ドーナツどうぞとか言えばよかったのに。

「ティッシュとか、いろいろのお礼です。」と麻衣子は言ったけど、今朝のゴミ出しの時に、二葉さんと話したかったと言ったことを、一が気にかけていて、帰宅したときに心配してくれたことのお礼なんだろうなと思いました。

一が、中山君のお母さんが作ったんだと言うと、麻衣子が「知ってましたか。夫に不倫されると、夫の親のことまで腹が立ってくるんです。」と無表情で静かな口調で言うからちょっと怖いわ。

ゴミ出しのときは、顔見て話せますよと言う一の言葉に、嬉しそうな表情の麻衣子。カレンダーに、ゴミの日を書いたり、気持ちが伝わってきます。

いつも、麻衣子のゴミを受け取って、ゴミ置き場に置いてあげる一。雑草を見て、花言葉の話しをしたり、社宅の前の白線を、並んで歩いたりして楽しそうで、高校生のカップルみたいでした。

そこに、探偵愛宕が、一と麻衣子が朝、ゴミ出ししているのを見たと言い、「仲がいいですね。腕組んだりするんじゃないかとドキドキした。」と言い出し、否定すると、そういう感じ…、課長顔に出すぎと恋愛マスター愛宕かも。

聖と一が抱える過去!拓也が歩の部屋で浮気しているシーン!

一は、今日は料理を作ると言っていた聖が帰ってこないので、自分でチャーハンを作っていました。その時聖は、陶芸講師・田宮の教室で、唐揚げを揚げていました。

出産した知人に持って行ったお菓子を渡せず、自分では食べきれずに田宮の所に来たのがわかりました。家に帰りたくない気分だったのも。

翌朝、食器棚にお皿が増えているのを見つけ、じっと見つめる一、その直後、ごみを集めていると、出産祝いの包み紙を見つけ、昔のことを思い出す。

聖は不妊治療をしていたけど、子供ができなくて、一は今のままでいいと思うと言っていたけど、聖はまだ子供のことを気にしているんだろうなと思いました。

ドラマの最初からなんとなく、聖は子供が欲しくてできなかったのではないかと感じていました。

拓也は、外で歩と手を繋ぎ、歩に注意され、歩の部屋に行くと、今日泊まって行こうかなと言い出し、歩は、「ダメよ。なんだかんだ奥さんの事大事なんでしょ。」と言い、男からしたら都合のいい女だよなと思いました。

割り切りぶりが感心してしまう。拓也が、「あいつは1人で生きていけないから。」と言うと、「女の人、バカにし過ぎだと思うよ。」と言ったのには驚きました。

一と麻衣子がベランダで、お互いのパートナーが帰ってきていないことを話していて、麻衣子が「でも、明日は燃えるゴミの日なので。」と言うと、社宅で人の目があるから、ゴミ出しは危険かもと言い出し…。

あ~あ~、一と麻衣子のゴミ出しデート楽しみにしていたのに、愛宕さん、余計なこと言ったからなぁ。そうすると、顔を見て話すことが無くなりますねと言った麻衣子は寂しそうでした。

拓也がお風呂に入っている間に、拓也のスマホを見ようとした麻衣子は、ベランダで一にそのことを話し、自分が最低だと言うと、自分を責める気持ちわかりますと一が言ったのは、一も同じなんだろうなと感じました。

そして、「頑張りましたね。中山さんは戦おうとした。一歩前進です。」と一は言い、麻衣子が304号室があればいいのにと言って、ベランダに狭い、304号室が出来た空想がいいシーンでした。

一は麻衣子に突然、「今度食事に行きましょう。」と言ったときはビックリ!麻衣子は、「はい。行きます。」と力強く言いました。

その後、ベランダの壁の下からLINE交換し、八王子のお店と聞いて、行ったことのあるkuronekoは、歩いているシーンが、立川の知ってる道に似ていると思いました。

それか、八王子を通っていて、kuronekoもときどき乗る、多摩モノレールのあたりかもと思います。お店が高級そうでビックリしました。

お店に入る前の麻衣子のドキドキする気持ちが伝わって来ました。個室で麻衣子が待っていると一が到着し、2人とも、はにかんだ嬉しそうな表情が印象的でした。

※この記事のアイキャッチ画像は、テレビ東京公式ホームページから引用させていただいています。

スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援のクリックをしてもらえると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする