ドラマ『ただ離婚してないだけ』2話の感想と予想!ネタバレあり!

スポンサーリンク
Pocket

ドラマ『ただ離婚してないだけ』2話は、1話ほど衝撃的なシーンはなかったけど、正隆がクズになった理由がわかりました。

可哀そうだとは思うけど、「自分はもう傷つきたくなかった。」と遺体を埋めるシーンを観ていて、一言で言うと自分勝手。

妻の雪映は巻き込まれたのか、殺してしまったのは、実は雪映なのかもと思います。

スポンサーリンク

萌の妊娠に逆切れする正隆!社長になれなかった正隆!

萌が正隆に、妊娠したと告白すると、正隆は大きい声で「何でだよ!」と逆切れ。

その食後、「堕ろせ。」と言う正隆、最低と思いました。

萌は「もちろん。」と言ったり、別れ際に「旅行連れて行ってくれてありがとうね。」と言っていたのが、健気で不憫になっちゃいました。

正隆が家に帰ると、雪映が早く帰宅していて、テーブルの上に置いてあった、産婦人科の診察券を見つけると、怒鳴りだし「子どもなんかいらないって言ってるだろ。」と雪映にまで八つ当たり。

というか、普段からこんな風に怒っているか、仏頂面してる気がする。

正隆は、父親の製薬会社に勤めていて、仕事も出来、周りからも信頼され、忙しく働き、雪映にも笑顔で、父親の跡を継いだらもっと忙しくなるねと言われていましたが…。

今とは別人のようでした。

その頃知り合って結婚したのに、変わり果てた今でも、正隆と離婚しない雪映は、情が深くて見捨てられないのか、今でも、正隆を好きなのか考えてしまいました。

父親の社長が会議で、自分は社長を退き、新しい社長に弟の利治を指名したとき、正隆も利治自身も驚いていて、兄弟仲は良さそうだったのに、酷い父親だと思いました。

他の社員からも、正隆さんじゃないんですかと、声が色々出るくらい予想できないことだったんだろうと思いました。

母親が正隆に、ごめんなさいと言い、利治が産まれたとき、実の子が生まれたときから決めていたんだと思うと言いました。

母親も、この継父も正隆に、子供の頃からどんな風にずっと接してきたんだろうと気になりました。

母親は父親にはずっと、何も言えなかったんだろうなと想像できます。

傷ついたのはわかるけど、浮気したり、愛人に子供堕ろせ、なんでだよとか…、イヤイヤ、何でってあんたがそういうことしたから子供出来たんでしょと言いたくなりました。

正隆が好きでたまらない萌!中絶した萌に正隆は…!

萌は弟に、正隆のことを好きで好きでたまらない、自分と同じでいつも孤独そうで、正隆の為に何でもしたいと言ったのが切なかったです。

萌は、迷ってなかなか中絶出来ないかと思っていたけど、すんなり中絶したなというイメージです。

雪映は、正隆のクレジットカードの明細から、旅館を調べ、浮気してることを確信したようで、正隆の下着を洗濯しながら、泣き崩れました。

食事中、雪映が正隆に何か言いたそうな表情が怖かったけど、何も言えなかった、言わなかった?

正隆と萌が、中絶のお金の話しをしたとき、お金を用意してきた正隆に萌が「ごめんね。」と言ったのが、聞いていて複雑でした。

そして、誰かに妊娠のことを言ったのか聞かれた萌が、誰にも言ってないというと、「大事にしない方がいい。」と言った正隆が卑怯だと思いました。

それでも、萌の口からは、気づかってくれてありがとうという言葉が出て、本心なのか、嫌われたくないからかと考えてしまいました。

愛は盲目ってやつなんでしょうか?

手術の後、麻酔が効いているから、付き添いが必要だからと正隆に頼んで時間を聞いていたのに、正隆は迎えに行かず、パソコンの前で仕事を探していました。

萌から会いたいとLINEが来て、萌に会うと、まず手術のことを確認し、仕事が忙しかったと嘘を言い、萌が抱きついたのを振りほどいたのが酷すぎ。

もういいかな、このあと仕事なんだとまた嘘をついて立ち去って行き、萌は泣き出してしまい、本当は赤ちゃんを産みたかったんだろうなと思いました。

この後正隆は、萌を避けるようになり、萌がストーカーのようになるんじゃないかと予想しています。

人のこと、クズクズ言ってるけど、自分が一番クズじゃないの正隆!

※この記事のアイキャッチ画像は、テレビ東京公式ホームページから引用させていただいています。

スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援のクリックをしてもらえると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする