ドラマ『コントが始まる』8話の感想!ネタバレあり!

スポンサーリンク
Pocket

ドラマ『コントが始まる』8話のコントは、ファミレスでした。

ファミレスと聞くと、里穂子がモデルなのかと思いましたが、マクベスのマネージャーの楠木が里穂子に、あんな、あつかましい人に見えますかと軽く怒られていました。

マクベスが好きすぎる里穂子が怖い、姉妹ゲンカになってしまい、怒ってばかりいる里穂子でした。

今回は、マネージャーの楠木にスポットを当てた回でしたが、マクベスとの出会いや、こんな歴史があったんだと、こんな気持ちでいたからマクベスのマネージャーになったんだと、面白かったです。

里穂子とつむぎは、ケンカしたままつむぎが引っ越してしまいましたが、最後は感動的な終わり方でした。

スポンサーリンク

里穂子とつむぎが大ゲンカ!潤平の父親は潤平にきつく当たり…!

マクベスがいつものように、ファミレスに来た時に、里穂子につむぎと付き合っていると報告した瞬太の言葉を聞いて、帰宅した里穂子は、早朝にもかかわらず、話を聞かないと眠れないと言い、興奮気味で寝ているつむぎを起こしました。

何でそんな他人事なの?じゃあ、つむぎが、私にはその認識がありませんでしたって断れば付き合ってないことにできるってことよねと言い、なんでそんな酷いこと言うのと言った、つむぎの気持ちわかります。

マクベスはファンに手を出してはいけないという明確なルールがあると言う里穂子に、私はファンじゃないとつむぎが言うと、ファンの妹はファンよと言った里穂子の言葉には無理があり、ちょっと怖くなりました。

何でそんなに怒っているか聞かれた里穂子は、解散ライブ前に、余計なことを考えて欲しくない、その後に、瞬太さんがつむぎにうつつを抜かしてライブの出来が悪かったら、中浜家一生の恥まで言ったのには、え?と思いました。

解散ライブが終わるまで瞬ちゃんに会わなければいいんでしょとつむぎが言うと、「あなたからはね。瞬太さんが会いたいって言ったらそれは断っちゃダメ。」と、結局つむぎが引っ越しの日も手伝いもしなかったのには、驚きました。

冷静なタイプだと思っていた里穂子の言ってることがめちゃくちゃすぎて、つむぎが可哀そうになりました。

潤平は、実家の酒屋の仕事を頑張っていると、父親は、余計なことするなとか、潤平の姉に、こいつが酒屋継げると思っているのかと聞いたり。

10年間好きなことだけやってきた奴と言ったときに、父親は、自分は酒屋の跡継ぎで、好きなことを諦めたのかな?好きなことを続けるのは、楽しいことだけじゃないってことわかってないんだなと思いました。

姉が、小さい頃から父さんの仕事見て来てるんだから大丈夫。

潤平は、チケット手売りしたり、頭下げたり、辛酸舐めてきてるとかばう姿がいいお姉ちゃんだなと思いました。

潤平は、頭を下げ、色々教えてくださいと言い、姉を送っていく車中で、この間よく頭下げたねと、マクベスをやってきたかいがあったと思ったと言った気持ちがよくわかります。

楠木とマクベスの歴史!有村架純が号泣しながら食べる!

楠木とマクベスの出会いが、瞬太のバイトする焼鳥屋だったことが意外でした。

当時楠木は、仕事に不満を持っていて、そんな時に、マネージャーをやってくれないかと3人に言われ、最初は、話し合いにも参加し、4人目のマクベスだと思っていたのに、7話では、瞬太の車が4人?目のマクベスになっていたことを思い出し、少し可哀そうになりました。

事務所の社長とライブハウスに懸命に掛け合い、初単独ライブを開催できるようにしたり、朝まで稽古を見たり、マクベスと一緒に青春時代に戻った気持ちになっていたと。

マクベスとの歴史を聞いていて、こんなに思い入れがあったんだと感動し、マネージャーってこういう気持ちでなければ、勤まらないのではとも思いました。

2,3年経つと、3人で考えさせてもらえますかと言われ、距離ができ始めたと感じていた楠木が少し気の毒でした。

楠木が、瞬太のバイトする焼き鳥屋で、里穂子と奈津美に会い、奈津美が潤平の彼女だと聞くと、こんなかわいい子がとビックリしていた気持ちわかります。

里穂子がマクベスのことに詳しいと少し驚く楠木が、奈津美に、潤平の彼女ってことは、マクベスの名付け親と聞かれ、頷く奈津美、里穂子がそれを知らなかったことが意外でした。

楠木が、それは、知らないんだと言うと、里穂子が楠木を見る目が怖かったです。

そして、事務所のホームページにでも載せてくれていれば知りえたんですけど、どこにも載っていなかったのでと、遠回しに載せときなさいよと言わんばかりの言葉に、戸惑う楠木が少し笑えました。

終始怖かった、里穂子が可愛い表情を見せたのが、奈津美に、一緒に写真を撮ってもらえますかと言ったときの表情です。

楠木は、瞬太の彼女がいると聞いて、つむぎの勤めるお店に来店しました。

つむぎが、楠木に名刺を貰えますかと言ったときに、マネージャーになる気かなと思っていたら、正解でした。

春斗の実家では、兄が就職して、寮に住むので実家を出て行き、あんなに仲がいいのに、兄からの連絡はなく母親からなのが不思議でしたが。

春斗は、マクベスを解散してからのことを決められないでいると、里穂子と、仕事のことを話し、その会社にした決め手を聞き、人って些細なことで動けるんだ、そんなラフに決めていいんだとショックを受けていたシーンは、考えさせられたし、面白かったです。

楠木が、ファミレスで里穂子に、知っていると思い、つむぎがマネージャーになる話をすると、何も知らない里穂子は動揺しました。

マクベスからつむぎがいなくなって寂しいでしょと言われ、せいせいしている、姉に就職の報告もない不義理な妹だったのでと、こじれてるな~と思いました。

確かに、里穂子の言葉が影響で、マネージャーになる決意をしたんだから報告した方がよかったと思うけど、マクベスが言うように、ケンカ中だったから仕方ないのかも。

里穂子が帰宅すると、タッパに入ったたくさんの手料理と、姉への手紙があり、泣きながら、つむぎ美味しいよと言い、食べる里穂子が切なかったです。

※この記事のアイキャッチ画像は、日本テレビ公式ホームページから引用させていただいています。

スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援のクリックをしてもらえると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする