ドラマ『リコカツ』8話の感想!ネタバレあり!

スポンサーリンク
Pocket

ドラマ『リコカツ』8話では、離婚した咲がモテモテの展開になり、そりゃあんなに綺麗ならモテるよねと納得してしまいました。

薫と美土里が仲良くなったり、正と武史がまた一緒に飲んで愚痴ったり、子供が離婚しているのに、親同士が仲良くてどうするのって突っ込みたくなりました。

肝心の咲と紘一は、お互いにまだ忘れられないのに、嘘までついて別れの決意を固めたふりをするし。

ドラマ『リコカツ』8話は、紘一の大暴走が炸裂している回です。。。

スポンサーリンク

水無月に咲にはあなたはふさわしくないと言う紘一!

水無月が紘一を武士野郎というのが結構気に入ってるkuronekoです。

水無月は、咲が好きなんだろうけど、紘一とのことも本当は応援しているのではと、今回も思いました。

紘一の実家まで訪ねて行って、咲を貰うと言ったのは、紘一を挑発しているような気もするし、紘一と咲が揉めているときに、痴話ゲンカと言ったのも2人がお似合いだと思っているのではと感じました。

紘一は、はっきりと、咲には水無月はふさわしくないと言い、自分が幸せにできなかったから咲が幸せになるまで見守る必要があるという考えは、まじめなんだろうけど複雑な気持ちになりました。

水無月から、咲の為に小説を書きたいと告白され、貴也から、咲の気持ちが前を向いたら、結婚前提に付き合ってほしいと言われ、モテモテの咲でした。

貴也が、紘一の実家を訪れ、咲に、よりを戻したい、結婚前提で付き合いたいと言ったと話したら、紘一が飲んでいたお茶を全部口の中からこぼしたのがツボにはまりました。

永山瑛太さんって、最初『リコカツ』観たときは、こんなにカッコよかった?と思いましたが、今でもカッコいいとは思っているのだけど、演技が面白過ぎるよ、凄いなと脱帽です。

貴也を尾行したり、水無月の家に押し掛ける紘一が咲とまたケンカ!

貴也を尾行して、バレてないと思っていた紘一だけど、バレバレだと思うし、水無月の家にまで行って、咲に近づかないように忠告したり、暴走が過ぎると、ちょっと引くくらいでした。

そこに、咲が現れて、何やってるのと言われると、君には貴也さんがお似合いだと言って、メモした理由を細かく話し、見たのと聞かれると、見たよと当たり前のように言うところが、もうずれてるとしか思えなくて…。

咲が怒って、言い合いになると、君にはもう一度結婚して幸せになって欲しいと言い、咲は、あなたにそんなこと言われる必要ないと言ったのはその通りと思いました。

一ノ瀬が咲に謝りに来たのが意外でした。

少しだけ、一ノ瀬へのイメージが変わりました。

紘一がネットで、高級料理店を調べていて、咲に電話したので、食事に誘うのかと思ったら、日時を指定して、来てくれとLINEしてきたけど、咲がお店に着くと、貴也がいました。

巻物に、デイトを楽しんでくださいと書いてあって、呆れて文句を言う咲に、貴也は楽しそうだねと言ったのは、男性って、他の男性の話をするとこういうこと言うよな~と思いました。

そして、紘一の話を聞かせてと言われた咲が、ケンカばかりの話をすると、本当に好きだったんだねと言って、咲が不思議がると、本当に好きだから真剣にケンカするんだよの言葉は、当たっているようにも思えるし、気が合わないからケンカになることもあるしと思いました。

咲が自宅に帰ると、外まで美土里の声が漏れていて、姉と薫も来ていて、意気投合する、美土里と薫が楽しそうで素敵でした。

姉は、梓が父親に会いたいと思っていることを知り、離婚を迷いだしていて、唯一、離婚してない人物になるかも。

薫が咲に、まだ若いんだから再婚して幸せになってねと言ったときの、咲を見る美土里の表情が母親らしい顔を始めて見たなと思いました。

好きな顔でした。

女性たちは、次の恋とか前向きなのに、武史は、この歳で一人にされてどうすればいいんだと言うと、正も同意し、くだを巻いていると、紘一が、女性たちを見習って前を向いてくださいと激怒したのにはビックリしました。

翌日、武史が楓を呼んで、美土里のことを聞こうとしたら、意気地がないねと言われ、お母さん大変な時なのにと言われ、武史に聞かれた楓は、立川からお金を2千万持ち逃げされた話をすると、立川の写真ないかと武史が言って、その写真を見ていて、武史は立川を探す気なのかなと思いました。

一方、正は、置き手紙をして、探さないでくれと言ってどこかに行ってしまったのにはビックリしました。

何をしにどこに行くのか全然予想が付きません。

咲が、一ノ瀬に会いに行った時は、紘一も咲も何してるんだかと思ってしまいました。

紘一が、一ノ瀬を呼び出した時には、紘一は一ノ瀬と付き合うつもりだと思っていて、呼び出された一ノ瀬も告白されると思っていたような表情に見えました。

でも紘一は、一ノ瀬に誰とも付き合わないとはっきり言いました。

一ノ瀬が少し可哀そうでした。

紘一は、咲の自宅を訪ね、ケンカばかりだった、楽しかった、陽だまりのような居場所を見つけて欲しいと言うと、咲は、一ノ瀬が紘一に似ていて、結婚したら仕事を辞めるらしい、どう思ってるのと聞くと、彼女と付き合うことにしたと嘘を言いました。

咲も、貴也と付き合うことにしたと言いましたが、貴也に会うと、やっぱり付き合えないと言いました。

咲と別れると、泣きながら怒り出す紘一は、自分でも何を言っているんだろうと思っているように見えました。

咲はちょうど、貴也に会ったので、また付き合おうと言うつもりだったのに、どうしても言えませんでした。

貴也ともやり直せないし、誰とももう結婚しないと言ったときは、傷が深いのかなと思いました。

紘一も咲も心配です。

※この記事のアイキャッチ画像は、金曜ドラマ『リコカツ』TBSテレビから引用させていただいています。

スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援のクリックをしてもらえると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする