ドラマ『コントが始まる』7話の感想!ネタバレあり!

スポンサーリンク
Pocket

ドラマ『コントが始まる』7話では、里穂子が神妙な顔で春斗に謝罪しに来たのに、居留守を使われ、バレバレだし、瞬太が面白がって、春斗から聞いた話をしすぎで、里穂子が少し可哀そうでした。

潤平と奈津美は、里穂子のことを心配し、転職エージェントを紹介してあげたのには優しいなと思いました。

自分たちが、うまくいっている証拠だと思います。

つむぎと瞬太は、つまらないことでケンカして、最初は、お互い異性としてみてないとか言っていたのに…。

最後は、菅田将暉さんの号泣シーンが胸に迫るものがあり、最後まで、マクベスとしての活動を見守りたいと思いました。

スポンサーリンク

里穂子が春斗に謝りに行くと居留守を使われ!つむぎと瞬太は?

お風呂上りに、春斗がリラックスしていると、部屋のチャイムが鳴り、潤平が覗くと、いつもの真面目な雰囲気の里穂子がいました。

春斗に会いに来たんじゃないと言われたときの、春斗のめんどくさいからいないって言ってが、そんなに、酔っ払いに絡まれたのが嫌だったのかと意外でした。

春斗がいないと聞くと、手土産を渡し、お詫びに来たと伝えた矢先に、玄関にあった、春斗の靴を発見しちゃって…。

瞬太が、「思いっきり絡まれたって言ってたよ。ブランコに乗ってアルプスの少女ハイジ歌ってた。地球が滅亡しても怖くないとか。」と笑いながら言うし。

「春斗がマクベス1号なら、俺たちは何号なの?」とまた笑い、嬉しそうに言い過ぎだよ瞬太。

潤平は、何か嫌なことあったのと心配してあげていたのが救いかな…。

それにしても、アルプスの少女ハイジの選曲、kuronekoは好きです。

つむぎは瞬太と、引っ越しの家具を選びに行き、つまらないことで怒って帰ってしまい、瞬太がママたちに相談すると、間違いなく好きだよと言われました。

お兄ちゃんみたいと言われていたと言うと、「気持ちの裏返しに決まってるでしょ。サプライズ期待してないも嘘だからね。」と言われ、頭を抱えたときは、瞬太が気づかないのもわかる部分もあるなと思いました。

つむぎと瞬太に進展が!動き出す里穂子!菅田将暉の号泣!

春斗が、里穂子が持ってきた笹かまにまでケチをつけていたのと対照的に、里穂子は、春斗に就職のこと教えてくださいよと言われたことで、力になりたいと考えていました。

元気がなかったつむぎは、瞬太からゲームのメールが来て、ゲームを終えると、ソファーブラックと書いてあるのを発見し、返信をしました。

その後、お店で会ったときに口も利かず、どう見てもいつもと違う2人でしたが、一緒に帰る道すがら、瞬太がつむぎにキスをしました。

サプライズと言った瞬太が爽やかでした。

でも、つむぎが下手くそと言ったのには、え?どっちのこと?と言ったのと同じように、kuronekoも気になりました。

里穂子は、マクベスの最後の地方ライブを見に行き、瞬太と潤平が気を使って、楽屋で春斗と2人きりになりました。

謝る里穂子に、もうホント気にしていないのでという春斗でしたが、辞書で深酒っていう言葉が出てきて、深酒の前に不可抗力が載っていたことを話し、まだ怒ってると気にする里穂子。

春斗がまだ怒っているのか、そうでもないのかよくわかりませんでした。

瞬太の車で、車中泊している時、潤平は、父親に本気を見せろと言われたことで、実家に寝泊まりすることが増えると春斗と瞬太に報告し、瞬太の寝言の話しで爆笑してるシーンがほんわかしました。

奈津美が里穂子に、友人の転職エージェントを紹介し、その後、採用が決まったからって、違うと思ったら断ってもいいですからと、フォローしていたのが奈津美ってホントいい子だな~と、再認識しました。

瞬太の車を売りに、元先輩芸人の勤める中古車屋に行き、3人で車を洗いながら、思い出話で爆笑している姿が、こっちまで楽しい気持ちになりました。

その後、春斗が、全部の思い出が詰まっているこの車は、4人目のマクベスだったんだなと言って、号泣しました。

菅田将暉さんの演技に、引き込まれました。

※この記事のアイキャッチ画像は、日本テレビ公式ホームページから引用させていただいています。

スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援のクリックをしてもらえると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする