ドラマ『警視庁捜査一課長 2021』season5・7話の感想とネタバレ!

スポンサーリンク
Pocket

ドラマ『警視庁捜査一課長 2021』7話では、ご遺体よりも、犯人として最初に疑いがかかる女性・茂木凛子のキャラが強かったです。

心配性すぎて、疲れるだろうな~と思いながらも、ご遺体があった場所のそばで、電柱に隠れているんだけど、リュックが大きすぎてちらちら見えているし。

大福の、リュック隠して尻隠さずの言葉が、kuronekoの思いとピッタリな表現でした。

今回は、人気YouTuberで、最近テレビにもよく出演している、ピアニストのハラミちゃんが、本人役で出演していました。

スポンサーリンク

めちゃくちゃ歩いたご遺体!心配性なのに抜けてる気がする容疑者!

今回のご遺体は、宝石貴金属販売会社の社長・大友直登、襲われた場所から20メートルも歩いたのが、怪我の状況からみて謎でした。

持ち物などを確認するチェッカーが落ちていて、こんなものがあるんだと少し興味を持ちました。

もっと興味を持ったのが項目で、とても気になりました。

だって、ストッキング電線やナチュラルメイクって、女性用だということを表したかったんだろうけど、ナチュラルメイクかチェックして厚化粧になってるって気づいても、直す時間ないでしょ!

一番想像力を掻き立てたのが、猫飯タイマーです。

猫飯タイマーって項目があるなんて、猫の自動ご飯のタイマーだろうけど、項目になるほどメジャーなのねと思ったら嬉しくなりました。

あっ、kuronekoは、猫が大好きなので!

殺害された、大友の会社の業績が傾いていて、秘書が、社長は取引先ともめていた、社員が社長に不当に退社させられたなどと言ったときに、この秘書怪しいと思い、それは当たりでした。

理由まではわかりませんでしたが…。

現場の防犯カメラに映っていた茂木凛子は、心配性が酷いのに、現場で警察が捜査しているのを、サングラスをかけ、大きなリュックを抱え見ていて、電柱に隠れているつもりが、見えちゃってるって、肝心なところが心配が足りないよとツッコミどころ満載でした。

茂木が警備会社にスカウトされた経緯が、なんとも不思議に思いました。

なので、警備会社の男性社長も少しだけ、疑ってしまいました。

茂木の父親と大友の意外な繋がりが!ハラミちゃんが大事なものを預かっていました!

最近、ブランクが刑事っぽくなってきてると思う。

今回も、茂木の父親が半年前に交通事故に遭って、バイクにひき逃げされたことが調査で、判明しました。

その直後、大友のバイクに破損があり、そこに血痕が付いているのに、警察に届けがないことで、ヤマさんがそのバイクで、茂木の父親を轢いたのではと考えました。

任意で事情聴取される茂木、大福は警棒を調べ、茂木の警棒がないのを見て、川元に聞くと、以前からなかったと怪しいことを言い、最初から川元の言動が挙動不審なのが気になっていました。

父親の復讐をしたと疑われた茂木は、父親のことを、お金に無頓着でお人好しで、知人の保証人になり借金を抱えて両親が離婚した経緯を話しました。

そして、父親が母の命日に訪ねてきたときに、あなたのせいで母は死んだと言ってしまい、その翌日に横浜で事故に遭い、2か月後に亡くなるまで知らなかったと。

最後の会話が、あなたのせいで母は死んだだったことを気にしていたんだと思います。

なぜ横浜に行ったのか見当もつかないので、大友に理由を知ってるか聞き、川元と横浜まで行ってチラシを配ったりしていました。

どうしても、父親が何をしに横浜まで行ったか知りたかったのが理由で、復讐するなんて…と言っていたのに、急に殺したと認めた茂木に、大福が、あなた今何を心配してます?と言ったときは、ゾクッとしました。

今回の、笹川刑事部長は、川にカヌーを乗って登場。

最近少しおとなしめですよね。

そろそろ派手な登場シーンが見たくなってきています。

それにしても、笹川の登場直前のブランクの嫌な予感がする、と言いたげな話し方が笑いそうになりました。

今回のビビちゃんは、小春のお友達のところに遊びに行き、友人の子供のピアノの練習中に、ピアノに乗って、ピアニスト気取りだったそうです。

人気ピアニストYouTuber、ハラミちゃん登場の伏線でしょうね。

そして捜索は、大岩一課長も加わり、川の周りやカヌーに乗ってる人に、梯子を下りたり、ゴムボートで近づいて話を聞いたりしていました。

ハラミちゃんに、大岩とブランクが写真を見せると、預かり物をしていると…。

捜査の結果、スカイツリーを撮った写真にカヌーで現場近くにいる秘書が映っていました。

秘書は、自分の飼い犬を助けようとした茂木の父親をひき逃げした大友を脅し、秘書として好待遇で雇ってもらい、救急車も警察にも連絡せず、ずいぶんひどい女だと思いました。

こんな展開までは予想できませんでした。

大友は自首しようとしたので殺され、秘書が犯行に使った川元の警棒を、大友は大怪我の中、川のそばまで歩いて、茂木達に疑いがかからないように川に捨てていました。

ハラミちゃんが預かっていたものは、ピアノの鍵盤を描いた紙でした。

茂木の父親は、ハラミちゃんにピアノを教えてもらい、ピアノがないので、紙に絵を描いて練習をしていて、娘の結婚式に、娘を安心させるために弾きたいと考えていました。

※この記事中の画像とアイキャッチ画像は、テレビ朝日公式ホームページから引用させていただいています。

スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援のクリックをしてもらえると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする