ドラマ『コタローは1人暮らし』5話の感想と予想結果!ネタバレあり!

スポンサーリンク
Pocket

ドラマ『コタローは1人暮らし』5話は、引っ越してきた怪しげな青田はやはり、コタローちゃんのことを調査するためでした。

情けない役がとても似合っている、横山裕さん(褒めています!)と、5歳児なのに、大人のような発言や、ときには偉そうに聞こえる殿様語がクセになるほどハマっています。

スタッフさん、GOT・Tシャツの色違いバージョンを、いつも見せて下さってありがとうございます。

コタローちゃんのとりこになってしまったkuronekoは、色違いを見ただけで、喜んでおります。

ドラマの内容に戻りますが、一言で言うと辛い事実が判明しました。

前回の記事でkuronekoは、育児放棄と柔らかく書きましたが、内心は虐待ではと思っていたのですが、ドラマでその設定をするのかな、出来るのかな?と思っていたからです。

コタローちゃんの強さや、優しさ、見習いたいことがたくさんありました。

スポンサーリンク

コタローちゃんといつも一緒の青田に嫉妬する進・田丸・美月!青田の正体を暴く進たち!

「今日から銭湯は、青田殿と行くのである。」とコタローちゃんは、進に言いに来て、青田と約束したのでしばらく狩野とは行かないと言われた進は、銭湯道具を隠しながら「はいはい。そうですか。」と言い、ふてくされているのが見え見え。

そんな進に、「やくでないぞ。」と言うと、誰が!と進がムキになっているところに、幼稚園の送迎まで青田がすることを報告するコタローちゃん。

進「はいはい。どうぞご勝手に。」大人げないから進…。

まぁいつもそんな感じだけど。

その直後のコタローちゃんの言葉が凄かった。

「ふん。嫉妬か。」何度見ても笑えます。

4話のおまつりで、進が他の園児たちと仲良くしていたのを見て、いじけていたのは誰よ、子供って自分勝手で笑える。

それにしても、園への送迎くらいは、断ればいいのに。

進が急に何もできなくなって可哀そうだよ。

青田と銭湯に行くと、別に来なくていいと言っているのに、わらわが一人で外出しようとすると怒るって…。

その直後のシーンでは、進がご飯を食べながらテレビを見て、無理に笑っているんだけど、落ち込んでイライラしてるし。

進の気持ちも知らず、朝から、今日もおにぎりを2つ食べたぞよと意気揚々としているし…。

田丸も、美月も、コタローちゃんとずっと一緒にいる青田に嫉妬していました。

特に、美月がコタローちゃんの部屋を訪ねると、青田と一緒にお菓子を食べていた姿は、どうしてこんなに仲良くしているんだろうと思いました。

青田と進が、アパートの前で遭遇し、青田が進に、コタローちゃんが一人暮らしをした経緯や、親のことをどう思っているか、生活費のことなどを聞いた時に、本人が言いたくねえことわざわざ探るんじゃねえよと言ったときは、いつもの情けない進とは思えませんでした。

ドキッとしました。

その通りだなとも思いました。

進は、青田から、コタローちゃんのことを聞かれ、引っ掛かったんだと思います。

後日、進・田丸・美月、そして弁護士の小林まで一緒に、青田に話をしに行きました。

最初はとぼけていた青田は、小林が調べさせてもらったと言うと、探偵だと認め、コタローちゃんの父親に頼まれたこと、コタローちゃんは父親に見つからぬよう、ここに移り住んだことを調査済みでした。

そして父親には、コタローちゃんに対して、接触禁止令も出ている、児童養護施設に保護されていたこともありましたが、施設のHPに載ったコタローちゃんを見た父親が無理やり押し掛け、騒ぎを犯したようで…。

施設のHPに園児の写真は載せないような気もしますが、そこはドラマということで。

仕事だから、コタローちゃんの居場所を報告しますよと冷静に言う青田は冷酷な人間に見えました。

その直後、「大丈夫ですよ。僕が言ったところで法が守ってくれます。」と言ったもんだから、田丸が、仕事が済んだら、その父親が法を破っても関係ないってか!とつかみかかる気持ちがよくわかります。

探偵の青田の言葉に、何も言えない大人たち!強くなるために!

田丸にキレられ青田は、あんな小さい子が一人で暮らしている現状が、コタローちゃんにとって本当に幸せなことだと思っているんですか、同じアパートの住人というだけで、コタローちゃんの面倒を一生見て行くわけじゃないでしょと言いました。

現実を突きつけられて、何も言えない大人たち。

どんなに、コタローちゃんを大切にしている住人達でも、青田の言った事は現実です。

また青田につかみかかる田丸を、止めに入ってきたコタローちゃん。

コタローちゃんは、始めて銭湯に行った時から、青田が父親と関係のある人物だと分かっていました。

それでも、青田を助けたコタローちゃんの優しさ、もしかしたら自分のことで、大人たちにケンカをして欲しくなかったのかもしれません。

どんな気持ちで青田と、幼稚園や銭湯、おやつを部屋で食べたりしていたんだろうと、複雑な気持ちになりました。

翌日、寝ている進に、「さあ、狩野殿幼稚園に行くぞよ。しばらくわらわと幼稚園に行けずさぞ寂しかったであろう。」と、殿様ぶり全開!

青田のことを聞くと、早朝に出て行ったと聞き、幼稚園の送迎や園の前でも、コタローちゃんを守ろうと必死になる、住人たち。

弱気者扱いされることを嫌がって、逃げて行ったコタローちゃん。

進が何で一人暮らししようと思ったのか聞くと、ダンベルで体を鍛えていたコタローちゃんは、強くなるためと…。

1人でも生きていけるためにかと聞くと、コタローちゃんは、はっきりと違うと言いました。

それ以上は答えなかったコタローちゃん。

一人で暮らしている子が、強くなるためと言ったら、進が言ったように1人で生きていくためだと思いますよね。

田丸と美月が、幼稚園から戻ってくる進を待っていると、コタローちゃんは、「幼稚園の送り向かいは保護者必須ゆえ、仕方なくお主と行くわけであって、本来なら、わらわ1人で行けるのであるとひたすらアピールしていた。」と。

進のコタローちゃんの真似?が似ていて、コタローちゃんが言っている姿を想像して、にやけてしまいました。

青田が戻って来て、新事実が!自分が弱気者だったから父親が悪者になったと思っているコタロー…!

青田がアパートに戻って来て、父親にコタローちゃんの居場所を教えたと聞き、また怒り出す田丸。

進が止めて、父親のことを聞くと、父親には別のアパートを教え、もし父親が訪ねて来ても、昨日引っ越したと言ってもらう手はずになっていると話し、自分も小さな頃、いろいろ経験していてと、お腹のたばこでつけられた火傷のような跡を見せました。

この展開は想像できなかったな~。

銭湯の帰りに青田に、父上に言うのはわらわが強くなるまで待って欲しい、お願いであると、深々と頭を下げるコタローちゃん。

子供のこういう姿を見るのは、辛いです。

美月は、やっぱり父親から身を守るために強くなろうとしていると考えていると、青田に、コタローちゃんが、自分が弱気者だったから父親が悪者になってしまったと言っていたと話しました。

青田は自分の経験から、親から虐待を受けてしまうのは、自分が悪いからだと思ってしまうと。

そして、コタローちゃんは、強くなった自分なら父親は愛してくれて、また一緒に住めると思っているんだろうと…。

でも、青田が見た父親は、それを理解できるとは思えないと言いました。

いつもの幼稚園の帰り道、進が競争するぞと言って走り出しましたが、本気で走って負けてしまいました。

1人で何でもこなせば強くなれると思い込んでいるコタローちゃんに、強さは1人よりもライバルがいた方が手に入りやすいものなんだというと、興味津々のコタローちゃん。

だから一緒に強くなるぞと進が言いました。

うむと言いながら、すぐに、進の体力のなさに呆れるまで言っちゃうコタローちゃん。

進の優しさやコタローちゃんに対する愛情をどこまで感じているんだろうかと思ってしまう。

俺いいこと言ったじゃないかとこぼす進は、いつもの情けない進でした。

美月が、コタローちゃん間違ってるの狩野さんもわかっているでしょと言うと、進は、「わかってます。だから本当のことに気づく日までに、体と心が強くなって欲しい。現実を乗り越えられるために。」

父親に虐待を受けても、自分のせいだと思う優しいコタローちゃん。

父親とまた暮らしたいと思う優しく、やっぱり子供なんだなと思わせるコタローちゃん。

強くなるために、努力するコタローちゃん。

きっと、いろんなことを、我慢していると思います。

最後は、名探偵コタローが青田に、仕事の仲良しではなく本当の仲良しだと握手を求めました。

そのシーンに、主題歌の『ひとりにしないよ。』が流れ、一緒に強くなろうという歌詞があり、そういうことかと嬉しくなりました。

※この記事内の画像と、記事中の画像とアイキャッチ画像は、テレビ朝日公式ホームページから引用させていただいています。

スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援のクリックをしてもらえると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする