ドラマ『コタローは1人暮らし』4話の感想と予想!ネタバレあり!

スポンサーリンク
Pocket

ドラマ『コタローは1人暮らし』3話の最後で、盗撮している怪しい人物がいましたが、4話ですぐ判明するのかと思ったら、最後の最後で怪しい人物が現れました。

銭湯のボイラーが故障で、休業になったときのコタローちゃんの表情、あんなに目を丸く見開いた表情は初めて見ました。

またカワイイ表情を見ることが出来、kuronekoは幸せ!

でもその翌日から、コタローちゃんの様子がおかしくなり…。

今回は、田丸の息子が登場して、いいキャラしていて、笑いそうになりました。

コタローちゃんの幼稚園では、おまつりがあり、清水アパートの住人が、大活躍と盛りだくさんな内容でした。

それでは、ドラマ『コタローは1人暮らし』4話のkuronekoの独断と偏見?妄想気味、入り込みすぎな感想と予想をお届けしたいと思います。

スポンサーリンク

銭湯に入れず態度がおかしいコタロー!田丸の息子、服装はそっくりだけど、顔や声は可愛らしくて!

進とコタローちゃんが銭湯に行くと、休業のお知らせが貼ってあり、仕方ないなという進と、目を見開いて、その場で固まるコタローちゃん。

シャンプーハットをかぶり張りきっていたのはわかるけど、翌朝のゴミ出しの時に、進と美月に近づかないようにしたり、幼稚園でも様子がおかしく、園の帰りに、お風呂に入っていないから近づかないで欲しいと思っていることがわかりました。

コタローちゃんが、先に帰ってしまった時に進はちょうど、小林と遭遇しました。

話しながら一緒にアパートまで戻るときに、小林は、コタローちゃんは過去に、何日もお風呂に入れずにいじめられた経験があるのではと言いました。

そうなのかもしれないなと、kuronekoも思いました。

母親が入院していて、一人きりか、父親に放置されていたとか…。

そんなことで、嫌いになんかならないよと独り言を言う進が、少し寂しそうで切なかったです。

先に帰ると言って帰宅したコタローちゃんが、シンクの中で体を洗っている映像が映し出されたときは、衝撃と笑いでした。

5歳児なので、ちょうどシンクに収まっているのがまたかわいいのと笑わせてくれるのと…。

泡たっぷりで、一生懸命体を洗っていました。

いつもの、シャンプーハットをしていたけど、頭はうまく洗えたのかちょっと気になっています。

その後、小林が訪問してきて、コタローちゃんは、優しい人からの寄付かと尋ねたときは、そうですとしか教えてもらえないのわかっていても、聞いてしまうんだろうなと切なくなりました。

なんとなく、元気がないコタローちゃんと小林の間に沈黙が流れると、小林が「歌います。」と言い、立ち上がって、上司から借りたマイクで、とのさまんを歌いだすと、コタローちゃんも一緒に歌いだしました。

外まで、見送りに出たコタローちゃんの、「うむ。また来週ぞ。」と手をあげて言うところが、ちょっと偉そうで、それもまたかわいくて、クスッと笑いそうになりました。

殿様語じたいが、偉そうに聞こえるのでしょうがないのよね。

部屋に戻ろうとすると、気配を感じたコタローちゃんは、刀を抜き、何者ぞと言いました。

すると、田丸の服装にそっくりなガラの悪い服装と、オールバック姿の男の子が、おうおうおうと言いながら現れ、俺のパパのこと知ってるかと言ったけど、すぐわかると心の中で突っ込みました。

コタローちゃんは、不在の田丸が戻るまで、自分の部屋で一緒に待ってあげます。

進もいて、誰の子と不思議そうだったけど、コタローちゃんが言ったように、田丸の子供だってすぐわかるでしょとまた突っ込みたくなったkuronekoでした。

そこに田丸が訪ねて来て、息子殿に会えてよかったであるなと言ったコタローちゃんが、田丸のことをずっと気にかけていたことが伝わりました。

息子が、ママがパパと会うこと内緒にしていたから会いに来たと言うと、田丸は、約束の日じゃないと会わない、今日は帰りなさいと泣く息子に言いました。

進も、何言ってるんですかと驚き、母親に連れられて息子が帰って行くと、コタローちゃんは、会いに来たのにどうして帰した、とても会いたがっていたではないかと真剣に言いました。

田丸は、俺だって会いたいけど、自分の都合だけで約束を破るような大人にはなってほしくないんだと言いましたが、母親が嘘をついていたのに、自分の都合かな…と納得がいかないkuronekoです。

こどもまつりで大活躍の清水アパートの住人達!いじけるコタローが可愛すぎる!

保護者会で、園のこどもまつりについての話し合いがあり、コタローちゃんの家庭環境が複雑で…と進のことをあれこれ、噂話する保護者もいました。

先生が、こどもまつりの出店の話しをすると、うつむく保護者達…、個別に聞かれると、パートが忙しいとか、うちは下の子がまだ小さいのでと誰もやりたがらず、先生が中止にしようかと言いかけると、進が俺やってもいいですよと名乗り出ました。

最後に進が、こういうことするのが保護者だと思ってたんでとサラッと言ったときの他の保護者達の気まずそうな表情が印象的でした。

かっこいいじゃん進!

こどもまつり当日になると、綿菓子のお店を美月が、焼きそばを田丸が、小林まで来て、太鼓をたたいていました。

他の保護者達が、進に対して、一目置くようになりました。

お友達がコタローちゃんに、コタローの大人たちカッケーと言い、コタローちゃんの嬉しそうな表情にキュンとしました。

小林と一緒に、太鼓をたたくコタローちゃん。

すると、進の周りに園児たちが集まって来て、絵をかいて~、たかいたかい~と大騒ぎ。

こどもまつりが無事終わり、アパートに戻ると、コタローちゃんが玄関の前に座り、いじけています。

今度は何だよと聞かれ、「わらわの友達とずいぶんワイワイしていたであるな。お主は、わらわの保護者ではないのか。」と体育座りで、言うコタローちゃん。

ヤキモチ全開で、いじけたコタローちゃんも可愛すぎる。

笑いながら、謝る進に、なぜ笑っているとコタローちゃんが言っても、笑ってないと言いながらまた笑う進は、お前可愛いとこあるなと嬉しそうでした。

こどもらしいコタローちゃんも好きだよ!

平和に、終わりそうだったのに最後に、下の103号室に引っ越してきたという青田がコタローちゃんに、引っ越しの挨拶に来ました。

そこに、ゴミ出しに出てきた進にも挨拶し、狩野さんですかと何故か名前を知っていて、怪しすぎる。

出張で、一ヶ月間だけ住むとか言ってるし、写真撮った人この人だと思う。

※この記事のアイキャッチ画像は、テレビ朝日公式ホームページから引用させていただいています。

スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援のクリックをしてもらえると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする