ドラマ『警視庁捜査一課長 2021』season5・3話の感想とネタバレ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お笑い
Pocket

ドラマ『警視庁捜査一課長 2021』season5・3話の予告を観たときから、とうとうコメディー路線全開になったのかと、刑事の追っかけをする女性を見て驚きました。

と言いながらも、どんな作品に仕上がっているのか楽しみでもありました。

アイドルの生駒里奈さんの演技を始めて見ましたが、見事なオタクぶりでした。

まさか(スミマセン)の小山田刑事推しに、缶バッジまで作っているのには笑えました。

そして刑事役として、お笑い芸人のウド鈴木さんが、少しだけという、贅沢な出演のされ方をしていました。

それでは、ドラマ『警視庁捜査一課長 2021』season5・3話のkuronekoのいつもの独断と偏見?と、妄想気味、入り込みすぎな感想をお届けしたいと思います。

Sponsered Link

伝説の刑事(デカ)オタク!事件に関係が…事情聴取!

事件現場にいた小山田が帰ろうとすると、カイロを出してきたり、のど飴を出したり、ずいぶん気の利いた女性だなと思ったら、昔はコスプレしていたけど、今は刑事オタクで、小山田刑事推しと言ってたけど、どうして小山田?と思いました。

しかも刑事オタクをしているうちに、捜査のコツをつかんで、事件解決のヒントを与えてくれるので、推された刑事は難事件も解決していると…。

最初は面白いと思っていたけど、刑事オタクってもしかして本当にいるのかな?

それにしても、小山田刑事のネクタイが、いつもにも増して派手で、レインボー柄…。

結局、ネクタイのことには触れられず、レインボー柄について触れなかったので、なんであんなに派手で、しかも似合っていないのにと最後まで気になりました。

刑事オタクの神谷時子(生駒里奈さん)は、うちわまで作って、迷惑がられても全くめげず、小山田たちを尾行というか、先に目的地に到着して凄いと素直に思いました。

小山田たちが、男性に事情聴取していると、神谷時子が話に入って来て、コスプレオタクの男性が「あなた、こちら側の人ですか。」の些細なセリフがkuronekoのツボにはまりました。

神谷時子は伝説の刑事オタクと言われ、その男性に敬礼されていて、オタク界の有名人っていうのにも笑いそうになりました。

大福こと平井刑事が、神谷時子が警察官の衣装を製作し、ネットで販売したのをご遺体の橋本(川添野愛さん)が購入していたことを掴みました。大福凄い!

任意同行された神谷時子は、ピンチになるのだと思っていたら、小山田の聴取に嬉しそうにすらすら答え、仕舞には、今までの経緯をまとめてみましょうと語りだすし…。

小山田が言ってたように、こちらが拍子抜けしそうになりました。

神谷時子の本当の推しは!真犯人はあの人だった!

神谷時子は、本当はパティシエのさかもとの追っかけで、わざと、自分に容疑が向くように、大福たちの尾行も計算づくだったことは予想が付きませんでした。

神谷は、さかもとが犯人だと思い、かばっていることはすぐに刑事たちに感づかれました。

でも、さかもとは犯人ではないというのは予想がつきました。こんなに簡単に、犯人がわかるはずがないと。

犯行に使われたナイフは、神谷が購入したもので、さかもとにプレゼントしたらしいことがわかり、怪しいのがかえって別に犯人がいるパターンだなと。

恒例の大捜索は、イベントに参加した人物2500人全員からの聴取、そして、写真や動画を見せてもらい真犯人を探すでした。

今回も、見つけのヤマさんが、犯人が映っている動画を見つけましたよ。

以前一度だけあった、板木望子(いたきもちこ)が見つけるのをまた見てみたいな。

今回は、きつければきついほど燃えるなどのMな言葉もなく少し寂しかったです。

大岩たちは、神谷を呼び話を聞くと、神谷は、橋本の遺体から、さかもとが走って逃げるのを見てさかもとが犯人だと勘違いしていました。

よくあるパターンです。じゃあ、真犯人は誰?と思いましたが、さかもとが勤めるケーキ屋さんのオーナーの溝口でした。

殺害した理由は、さかもとが、橋本の会社が主催するコンテストで優勝して、お店を辞めてしまうと、お店が立ち行かなくなるので、橋本に、さかもとの前科のことを話したけど相手にされず刺し殺しました。

それは予想がつきませんでした。

開き直って、オタクをバカにする溝口が憎たらしかったです。そんな溝口に、オタクなめんなよと小山田は言いました。

情のある、小山田らしいなと思いました。

現在配信中です(2022年11月21日現在)↓

※この記事のアイキャッチ画像は、テレビ朝日公式ホームページから引用させていただいています。

タイトルとURLをコピーしました