ドラマ『泣くな研修医』1話の感想!ネタバレあり!

スポンサーリンク
Pocket

ドラマ『泣くな研修医』を観てみようと思ったのは、予告を観て、医療ドラマは、たくさんあるけれど、研修医にスポットをあてたものは、数が少ないので興味を持ちました。

研修医って、こんなことしてるんだ、させられてるんだというのが詳しくわかりました。

もう一つは、私の大好きな俳優、玉木宏さんの奥様、木南晴夏さんが予告映像で、怒鳴っているシーンを観て、演技を観たことがないので、観てみたいと思いました。

1話、30分の放送なので、1話は、それほど、ドラマティックな、患者が大けがで救急搬送されて…などの展開はありませんでしたが、研修医は、こんなこともやらされているんだ…と知りました。

それでは、kuronekoのいつもの独断と偏見?入り込みすぎ、妄想気味な感想をお届けしたいと思います。

スポンサーリンク

口が悪すぎな女性外科医!研修医は、兵隊・伝書鳩・さすまた?

最初の方のシーンから、研修医前の、たぶん実習生に、研修医のことを聞かれ、看護婦が流そうとしたのに、外科医の佐藤が、兵隊・伝書鳩・さすまたと言ってしまうし…。

兵隊は、医者ってわがままだから、医者の顔色を見て、何でもする。

伝書鳩は、医者は、基本仲が悪いので、医者同士の伝言を伝える役。

さすまたは、病院には、結構トラブルがあって、例えば、ガラの悪い患者さんが、待たされて文句を言ってきたときに、相手をしたりするそうで、初めて知ったかも。

この2人の実習生たちの前で、電話に出た、佐藤の口の悪さと言ったら…。

柄が悪いです。

実習生たち、この先、医者になる覚悟が揺るがないか心配でした。

急患で、雨野隆治が担当したけど、動揺しまくりで、看護婦に助けてもらい対応し、最終的には、佐藤医師が来て、早く呼べよとか怒られ、結局、佐藤が対応したのに、自分がやった、余裕だと、嘘をついてカッコつけるなんて嫌だなと思いました。

別の男性医師は、論文の要約も出来ないのかよと、使えねえと滝谷に怒鳴り、川村には、研修医のくせに、首から聴診器さげるなと言って、最後に、こんな風になるなよと言ったのが憎たらしかったです。

わかってるんじゃん。

14歳の外来患者の症状を聞いて、虫垂炎を疑った雨野に、佐藤は、母親がいないところで、妊娠の可能性はないかと質問すると、そういう行為を避妊しないでしたと聞かれ、うなずく患者の前で、えっと口に出してしまうのは、いくら研修医でも、実際にはないかなと思いました。

後日、カンファレンスで、医者たちが、誰も手術をしたがらないのもあり、上司の岩井が、雨野にやってみるかと言ったとき、雨野はやる気満々で、喜んでいました。

滝谷と川村が大ゲンカ!雨野のオペはドッキリ?

川村が担当している外来患者が、以前から仕事の都合で、検査を延期していて、時間外に病院に来たので、時間内でないと検査は受けられないと説明し、健康あってこその仕事と主張する川村。

そこに、話を聞いていた、サラリーマン経験のある滝谷が入って来て、サラリーマンは…と言いだし、お前みたいな実家が医者のボンボンにはわからないと言い、川村も、サラリーマン逃げたくせにと言うと、つかみ合いの大ゲンカになり、雨野が止めに入り、患者は逃げるように帰っていくし。

その後患者に、メールまでして、実際には、ここまで、医者が踏み込まないなと思いました。

雨野が、詳しく話を聞こうとすると、サラリーマン崩れが…とまた言い合いで、ケンカになりそうになり、雨野は、自分が執刀するから嫉妬してるんだろうと言うと、滝谷と川村は、呆れたのか、急に冷めたようにその場を去っていきました。

雨野のオペの時間になり、メスを持つと、看護婦が「はいそこまで。」と言い、佐藤がオペをしました。

岩井の所に、どういうことかと興奮して言いに行くと、岩井は、優しそうな笑顔で、「悪かった。あれは、研修医にやる心構え。岩井スペシャル。ドッキリみたいなものかな。」と言われました。

本当にこういうこと、病院では行われているのかなと、興味を持ちました。

それはないですよ…と、訴え続けると、佐藤が、「何突っかかってるわけ、一生懸命準備したから、いろんなこと想像して、怖くもなったんでしょ。その気持ちを味合わせてくれたんだろうが。少しでもビビってる奴に、執刀させるほど医者の世界甘くないんだよ。」と…。

だから佐藤先生、言ってる事正しいと思うけど、口が悪すぎ、怖いよ~。

さすがに、雨野は、研修医仲間たちに、以前のような嘘はつかず、自分は何もしなかった。

全部佐藤先生がやったと話しました。

くるみは、雨野を慰めて、雨野は、滝谷と川村に、偉そうに行ったことを謝ると、滝谷も、くよくよするなと言いました。

すると川村が、滝谷に謝り、伊戸川さんが、検査を受けてくれると、同期のおかげと言いました。

こうやって、素直に謝れる彼らは、素敵なお医者さんになるんじゃないかと思いました。

同期としての結束の固さを見た気がします。

※この記事のアイキャッチ画像は、テレビ朝日公式ホームページから引用させていただいています。

スポンサーリンク
ぽちっと応援してもらえると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする