ドラマ『コントが始まる』1話の感想!ネタバレあり!

スポンサーリンク
Pocket

お笑いトリオが、ドラマの出だしに、コントを披露して、その内容からドラマのストーリーが繋がっていくという内容が斬新だなと、ドラマ『コントが始まる』を、視聴してみようと思いました。

出演者も、映画『花束みたいな恋をした』で、共演して話題になっている、菅田将暉さんと有村架純さんなのも気になった理由の一つです。

今回は、ドラマ『コントが始まる』1話のkuronekoのいつもの独断と偏見?と妄想や入りこみすぎな感想をお届けします。

スポンサーリンク

それってストーカーだと思う…。有村架純が泥酔してそんなこと言うんだ!

有村架純さん演じる里穂子が、バイト先のファミレスに来る、無名のお笑いトリオの名前まで一週間かけて調べて、号泣しだしたときは、それはないでしょと思いました。

でも、ストーリーが進むと、1年半前に会社を辞めて、仕方なくバイトしている現状に、3人の楽しそうな姿を見て、ファンになり、その涙は、やっと見つけたというよりも、自分の今までの辛い過去や、今の何も夢が持てない自分に対しての涙だったんじゃないかと思いました。

偶然、マクベスの3人が隣のマンションに住んでいるっていうのは、ちょっと出来すぎかなと…。

里穂子が、3人のマンションの隣室に内覧まで行ってしまったのには驚きました。

実は、菅田将暉さん演じる、マクベスの春斗は、1年半前に近所の公園のベンチで、酔いつぶれている、里穂子に遭遇していました。

心配して声をかけると、うるせえな、お前たちの方が危ないんだよ!

お前たちの施しは受けねえんだよ、などと泥酔して、暴言が酷すぎて、あの清純派の有村架純ちゃんがと、役を忘れて思ってしまうほど、衝撃だし面白かったです。

コント・水のトラブルで、ラーメン屋さんで、バイトが触ったものがすべてメロンソーダになってしまうという設定は、春斗が1年半前に、里穂子に渡したミネラルウォーターが、翌朝見ると、メロンソーダになっていたのがヒントでした。

10年経っても売れないマクベスは、解散の話しが出て、春斗と順平はケンカになり、里穂子が初めてライブを観に行った日に、解散宣言をしだしたのにはビックリ!

里穂子が可哀そうで…。

お互いに疫病神?コントの回収が見事!

落ち込んで帰る夜道で、里穂子と春斗がバッタリ会い、いつものファミレスで会う前に、1年半前に会っていることを話すと、誰かに話しかけられたことを思い出し、メロンソーダになっていた理由が、ミネラルウォーターに粉末のメロンソーダの元を入れたからだと言うことがわかりました。

春斗と一緒に、私もすっきりしました。

里穂子は、どうして解散するのか聞いて、自分のせいかも、私、疫病神なんですと、私が好きになったりすると不幸なことが起きるんですと言い出しました。

里穂子は、kuronekoと同じでマイナス思考なんだなと、気持ちはわかるけどね。

すると春斗も、瞬平と潤太の人生を狂わせた、疫病神だよと自分のことを言いました。

里穂子の、お店で3人で過ごしていた瞬間は、嫉妬するほど輝いていて、会社をやめて廃人のようになっていた自分が、マクベスに出会って、人生の支えになっていると、熱い気持ちに感動しました。

春斗も、里穂子の言葉を聞いて、号泣してしまいます。

そんなこと言われたら、芸人冥利に尽きるし、号泣しちゃうよ!

売れずに、解散を決めて、弱ってるときにだもんね。

コントの最後は、解散をかけて挑んだオーディションで、最悪の結果になり、3人で博多まで、ラーメンを食べに行き、春斗がラーメンを食べ終わった後に、解散を口にしたことをヒントに、「私、大事な話はラーメンを食べた後に言うと決めているんです。」

コントの回収が見事なストーリーでした。

※この記事のアイキャッチ画像は、日本テレビ公式ホームページから引用させていただいています。

スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援のクリックをしてもらえると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする