ドラマ『その女、ジルバ』9話【告白をきく覚悟】の感想と考察・ネタバレ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラマ
Pocket

ドラマ『その女、ジルバ』9話では、くじらママの壮絶な過去が明らかになり、あまりの壮絶さに絶句、涙が止まらなかったとSNSでも反響が!

演じる草笛光子さんの演技にも感動、THE女優など話題になりました。

タイトルの告白をきく覚悟について、最初はピンときませんでしたが新が思う覚悟は深いものだと思いました。

Sponsered Link

くじらママの症状は?お店のピンチにチーママが登場!

新がスミレに、くじらママの状態を話していて、病院に行ったらお医者さんが、この歳で骨が折れなかったのは珍しいと言われ、くじらママの骨密度がなんとシジューなんだってと言い笑っていました。

でも腰を痛めて、捻挫もし念のために治るまでお店の2階に住むことになりました。

そんな時に限って、ナマコ、ひなぎく、エリーの3人が、みんな体調を壊し、それでもマスターはお店を開くと言ってそこに救世主が現れます。

くじらママが倒れたと聞いて、ホステスOBのチーママこと大田原真知が様子を見に来て、お店を手伝ってくれることに。

マスターは、いつもの『OLD JACK&ROSE』と違う雰囲気が気に入らず、くじらママは、お店が盛り上がっているのが悔しい様子。

でも、2人ともチーママに対してあまりいい感情を持っていないのが不思議でした。

途中でチーママが、エリーと電話で話しているのを見て、熟女ホステス3人は体調を壊しているわけじゃないことがわかりました。

チーママは、自分がお店を盛り上げてそれを上の階でくじらママが聞いていたら、悔しくてお店に早く復帰するだろうという計画を立てていました。

チーママの優しさに、くじらママはもっと感謝してもいいと思うのだけど過去に何かあったのかなと思いました。

チーママの言うことがカッコよくて、その中でもいちばん好きなセリフ。

「今の若い子たちは可哀そうなくらい未来に希望が持てない。でもあなたたちが悪いんじゃない。(新に向かって)そんな社会にしちゃった私たちが悪いの。」

くじらママの壮絶な過去!マスターへの気持ちが気になる!新の覚悟に共感!

くじらママはJUZO(草地綾之さん)がお見舞いに来ても、スミレと石動が来たときも、殿方に寝姿は見せられないとスミレだけが会うことが出来ました。

でも、マスターだけは部屋に入ることが出来、ジルバに付き添ったみたいに、もう少しここにいてと言ったときに、くじらママが昔マスターのことが好きだったことを思い出しました。

そして、今でも好きなのかなとkuronekoにはそう見えました。

くじらママが、酷く夢にうなされていて隣の部屋にいた新がくじらママの元に駆け寄りました。

新のことを、ジルバと勘違いするくじらママをさすってあげる新でした。

マスターが花売り娘のレコードをかけようとすると、表情を曇らせ2階に逃げるように上がっていく、くじらママ。

新が食事を持っていくと、新に話したいと言ってジルバにもマスターにも話したことのない過去を話し始めました。

終戦間もない頃に、一人ぼっちで嵐の真夜中にプレハブにいると、父親が帰ってきたと思っていたらヤクザだったこと。

生きるために体を売ったこと、このままだと人間扱いされず、ボロキレのように捨てられると思ったくじらママは、地獄から逃げるために男たちの家に火をつけ裸足で逃げたこと。

そのときに理由も聞かずに、つらい過去は忘れて生まれ変わればいいとジルバが言って抱きしめてくれたこと。

その話を聞いた新は、ママは悪くないと何度も言い苦しまないで下さいと言いました。

くじらママの70年間の苦しみを思うと言葉が出ません。

くじらママの告白をきいた新も、故郷でたくさんの痛手を見てきたけど言葉が出ないと思っていました。

そして、くじらママはもしかしたら、過去を知った自分を疎ましく思うかもしれないけど、覚悟しようと告白をきくということはそういうことなんだと新は思います。

弱みを人に見せると、後々その相手が疎ましく感じることはあるかもしれないなと思いました。

その翌日、くじらママがお店に復活しました。

チーママはそろそろだと計算して、ひなぎく、エリー、ナマコを呼んでいました。

くじらママに顔を見せなかったのもわざとだと思いました。

薄情者は退散しますかと言って帰ろうとすると、くじらママはチーママにあなたの勝ちよ!と言いました。

最後は、ホステスやお客さんたちに囲まれてモテモテで嬉しそうなママが印象的でした。

最終回は、どうなるのだろう。もしかしたらマスターが倒れて…。お店を閉めることになるのかなと予想しています。

ドラマ『その女、ジルバ』見逃し配信中!原作紹介

その女ジルバは、DVDが発売されていません。

見逃した方やもう一度見たい方は、こちらで現在配信中です↓(2022年12月25日現在)

ドラマ『その女 ジルバ』原作マンガ、全五巻完結セットはこちら↓

※この記事のアイキャッチ画像は、オトナの土ドラ『その女、ジルバ』公式ホームページから引用させていただいています。

タイトルとURLをコピーしました