池脇千鶴主演!オトナの土ドラ『その女、ジルバ』1話【女はシジューから!!】の感想!ネタバレあり!

スポンサーリンク
Pocket

1月9日の深夜11時40分から【大人の土ドラ】枠で、ドラマ『その女、ジルバ』が放送されています。

1話から、【大人の土ドラ】枠での最高視聴率をマークした話題作です!

ネットでも女性からの共感を集めている主人公の笛吹新役は、演技派女優の池脇千鶴さんが演じています。

その笛吹新が、実家の福島に帰省するシーンから物語は始まります。

1年と少し前の、2019年の秋からの出来事を振り返るという内容です。

ドラマを見逃した方も、ご覧になった方も、kuronekoの独特なドラマの見方や感想、出演者についてなど、楽しんで読んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

さえない日々の40女が、捨てられた男に再会!ホステスになって、ちやほやされ涙!

笛吹新は、誕生日にいつものように仕事に行こうとすると、スマホにメールが届き、お誕生日おめでとうと書いてありました。

少し嬉しそうな新でしたが、それは、ネットショップからのメールでした…。

実は、kuronekoにもそういう経験あります。

新、ファイト!と思いました。

地味な格好で、自転車に乗って通勤していると、途中に貼ってある、DREAMの貼り紙を見て、夢は悪夢しか見ないとか、道行くカップルを見て、恋なんてものがこの世にあったのかと考えているのには、まだ40でしょと思ってしまいました。

新は通勤途中に、公園でうずくまっているおばあさんを見て声をかけると、水を買ってきてと言われ、少ない持ち金から結局、水とスポーツドリンクと栄養ドリンクを買わされました。

私だったら、おばあさんが立ち上がって元気になった様子を見たら、お水くらいで済ませてしまうかな。

勤務先に行くと、新しい課長が来て、朝礼の時に現れたのは、昔の婚約者で、若くて美しい女性と浮気し、できちゃった結婚した前園真琴でした。

新に気づかず、スタッフさんと声をかけてきた前園は、どうしちゃったの老けてと失礼なことを言ったと思ったら、僕たちは運命なのかなと言いだしたり、この人、新のことどう思っているんだろうと少し気になりました。

地味で、おしゃれやお化粧もほぼしていない新が、誕生日に偶然BARの貼り紙を見ると40歳以上という意外な募集に、人生を変えたくて勇気を出しドアを開けます。

ここで、朝に助けたおばあさんと再会し、ここのママで、この子いい子よと雇ってもらえることになりました。

おばあさん役は、草笛光子さんなのですが、もう80歳くらいだと思いますが、お若いですね~。

イキイキしていて、素敵でした。

こんなお年寄りになりたいなと思います。

お店のホステス3人の熟女に、お化粧や衣装を準備してもらい、様変わりした新は、かわいかったです。

新もシンデレラになったような気分になっていました。

源氏名は、あららになり、お客さんからヤングギャルとか、若い、孫など言われ、幸せすぎて怖くて…外ではお金を出してもそんなこと言ってもらえないので…と感動する新にジーンとしてしまいました。

誕生日のお祝い!こんな素敵な誕生日は生まれて初めてと号泣!

お店が閉店し、履歴書を書いていると、先輩ホステスたちが、今日が新の誕生日だということに気づきました。

誕生日に、あんな格好でバイト探し!と驚かれた新は、そうですよねと返しました。

ママやマスター、先輩ホステス3人たちから、ハッピーバースデーツーユーの歌のプレゼントとママの温かい言葉に、号泣した新の気持ちわかるなーと思いました。

何もかもうまくいかない自分の人生を悲観していたのに、こんな素敵な誕生日は生まれて初めてと言いました。

先輩ホステス達の優しさも見ていてジーンと来ました。

夢うつつの新!ホストクラブに通っていると誤解される!

部屋に帰っても、まだ夢のような気持ちの新が、翌日勤務先に行き、友人の村木みかに、嘘だってわかっていても、ギャルとか若いとか言われると嬉しいよね…と話すと、村木は勝手に、ホスト通いしていると誤解してしまいました。

なぜかそばの見えないところに、チームリーダーの浜田スミレが座って話を聞いていたかと思うと、新を捨てた前園まで来て、浜田の隣に座りこみ、新のことを気にしていました。

前園は、新に気持ちがあるのか、課長としてリストラ要因を探すために、新の行動が気になるのか?

う~ん、今のところ、kuronekoの予想は、両方かもしれないなと思いました。

土曜の深夜に優しい気持ちになる素敵なドラマに出会いました。

ドラマ『その女、ジルバ』2話についても、お伝えしたいと思いますのでお楽しみに~!

※この記事のアイキャッチ画像は、オトナの土ドラ『その女、ジルバ』公式ホームページから引用させていただいています。

スポンサーリンク
ぽちっと応援してもらえると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする