ドラマ『監察医 朝顔』新章スタート!8話の感想!ネタバレあり!

スポンサーリンク
Pocket

皆さん、こんばんは。

ドラマ『監察医 朝顔』の新章・8話が、12月21日からスタートしました。

上野樹里さん演じる、桑原朝顔と風間俊介さん演じる、朝顔の夫の桑原真也の一人娘のつぐみちゃんが可愛すぎてメロメロなkuronekoです。

この記事を読んでくださっている方の中にも、そういう方、多いんじゃないですか?

ドラマとしては、異例の6ヶ月放送なので、他のドラマが終わってしまっていく中で、まだ3ヶ月楽しめると思うと嬉しいです。

そうそう、先ほど紹介した、朝顔の夫役を演じる、風間俊介さんが22日にコロナに感染したとニュースになっていました。

『監察医 朝顔』以外に、NHKの大河や、朝の情報番組にもレギュラー出演されていたんですね。

『監察医 朝顔』には、濃厚接触者はいなかったということで、上野樹里さんも自身のインスタグラムで、私は元気ですと投稿していました。

風間俊介さんには、とても心配ですが、1日も早くお元気になっていただきたいです。

今回は、つぐみちゃんの可愛さにノックアウトされているkuronekoが、ドラマ『監察医 朝顔』8話の独断と偏見?と妄想と、入り込みすぎないつもの調子の感想をお届けしたいと思います。

12月28日の9話は2時間スペシャルです。

その前に(その後でもぜひ)8話の感想を読んで、楽しんでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

家族がバラバラに…!浮気したら絶対に許さない!

8話の最初のシーンは、朝顔のつわりが…という話だったので、kuronekoはてっきり朝顔ちゃん第2子ご懐妊⁉と一瞬喜んでしまいました。

弟を欲しがっていたつぐみちゃんもさぞ嬉しいだろうなと…。

ですが、長野に転勤になって引っ越しをしていた桑原の回想シーンでした。

ともさかりえさん演じる、姉の忍が長野まで引越しの手伝いに行くのですが、桑原に、「不倫すんなよ!」と言うと、桑原が飲んでいるものを噴き出して、鼻水まで出していました。

桑原も否定していましたが、風間俊介さんは不倫なんてするように見えません。

というか、あんなに綺麗な奥さんと結婚出来て浮気したらkuronekoも許せない!

このドラマを見るたびに、上野樹里さんてこんなに綺麗だったんだ~と思う今日この頃です。

話はドラマに戻りますが、忍は「あんたが浮気したら、朝顔ちゃんの味方になって警察とか関係なくとことんあんたを追い詰める。」と怖すぎる発言まで飛び出しました。

現役の刑事にとことん追い詰められたら、桑原も警官だけど怖いと思います。

どんな目に遭っちゃうんでしょう…。

切ない事実!30年前の被害者家族が…。里子の友人の美幸は何か隠している?

朝顔が勤める法医学教室に、一体の遺体が運ばれてきます。

朝顔たちが検視をして、茶子先生に遺体の資料を渡すと、それを読んだ茶子先生の表情が変わり、昔の資料を読んでいました。

茶子先生の変化に気づいた朝顔が、遺体について知っているのではと尋ねると、30年前に茶子先生が解剖を担当した、6歳の女の子の父親だと告げます。

平は、妻の里子の友人だった美幸が営業する食堂にたまに行っていました。

美幸は、里子の同級生だったと平に告げ、何か言いたそうな、心に引きずっていることがあるようにkuronekoには見えました。

つぐみちゃんお泊り保育!被害者の父の手紙が…!

仕事を終えて帰宅すると、翌日のつぐみちゃんのお泊り保育の準備をする朝顔が母の顔だな~と思いました。

事件のことを何も知らない(当然なのですが)つぐみちゃんのおませっぷりや人形をたくさん持って行こうとバックに詰める姿が癒されます。

翌日、朝顔がつぐみちゃんを保育園に送り届け教室に行くと、遺体の一部を検視し、栞里ちゃんを殺害した仲井戸修だと判明しました。

女の子を誘拐して暴行し、遺体をバラバラにして殺害した残忍な事件の担当刑事が朝顔の父の万木平でした。

朝顔は、仙台に引っ越した父に電話し、当時の事件のことを聞きます。

そんな中、新しいアルバイトの牛島が、教室のドアを開けると「マスコミに遺書が…。」と言い、テレビでは、栞里ちゃんの父親の遺書が公開されていました。

仲井戸を街で偶然見つけ、1週間跡をつけていると、また女の子に声をかけ同じ過ちを犯そうとしていたと。

仲井戸が栞里ちゃんのことを覚えていなかったことに逆上して、殴り殺して、栞里ちゃんと同じように遺体をバラバラにしました。

お父さんは当時、栞里ちゃんの右腕だけが見つからずに捜査を打ち切りにされたことを今でも悔しい思いでいたんだろうなと思います。

仲井戸の右腕だけ、絶対に見つからないように捨てたと書かれていました。

父親は最初の解剖通り自殺でした。

教室に、息子が遺体を引き取りに現れたのですが、生前父親が、葬儀のときは髪の毛を黒く染めてほしいと言っていたと言いました。

天国で栞里ちゃんに会ったときに自分だとわかるようにと。

朝顔と茶子先生で、遺体の髪の毛を綺麗に黒く染めました。

息子さんは、来月結婚するんですと言い出しました。

でも、殺人犯の息子だから破談になると思う、この人、あいつを殺す前に一瞬でもそのこと思い出したんでしょうかと朝顔と茶子に問いかけるシーンは、息子さんのやるせない気持ちだけでなく、朝顔と茶子先生の気持ちも伝わってきました。

朝顔とつぐみちゃんが、美味しそうに冷やし中華を食べるシーンで終わりかと思いきや、最後に美幸がお店の公衆電話から里子に電話をかけました…。

やはり何か里子のことで知っていることがあるんだと思います。

12月28日放送の9話で、美幸の秘密がわかるんじゃないかとkuronekoは予想しています!

もちろん、『監察医 朝顔』9話・2時間スペシャルの感想もお伝えしますのでお楽しみに!

※この記事のアイキャッチ画像は、ドラマ『監察医 朝顔』公式ホームページから引用させていただいています。

スポンサーリンク
ランキングに参加しています。応援のクリックをしてもらえると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする