感動の最終回!ドラマ『共演NG』中井貴一・鈴木京香W主演!6話の感想!ネタバレあり!

スポンサーリンク
Pocket

ドラマ『共演NG』にハマってしまい、髪形を、主演の鈴木京香さん風なミディアムボブにしたkuronekoです。

今回は、ドラマ『共演NG』の6話・最終回についての、kuronekoのいつもの独断と偏見?の感想をネタバレを含めてお届けします。

遠山英二と大園瞳の事務所の社長たちが、2人に隠していたことは何なのかがわかりました。

前回の5話の最後に、遠山英二と大園瞳の車中での様子を見つめていた妻の雪菜が何をしだすのかにもドキドキします。

次回予告で、雪菜が意識もうろうで倒れているシーンがありました。

また自殺しようとしたのかも心配です。

そして、架空のドラマ『殺したいほど愛してる』の2人の結末や、一番はやはり遠山英二と大園瞳がよりを戻しちゃうのか、どんな結末を迎えるのか楽しみです。

スポンサーリンク

雪菜が、遠山英二と大園瞳の前に現れ脅迫?事務所社長の策略が明らかに!

大園瞳が、役か抜けないと号泣して遠山英二の胸で泣きだしたかと思うと、急に元に戻ったと車外に出たので、遠山英二も出るとそこに妻の雪菜が現れます。

雪菜のことだから、発狂して何をしでかすのか言い出すのかと、前回から気になっていましたが、大園瞳に嫌味のようなことを言って遠山英二と帰っていきました。

意外と冷静で、拍子抜けのような少しほっとしたりもして…。

でも、家に帰ると雪菜の本性が全開?で、遠山英二に隠し撮りした写真を見せて、いつでもこの写真を世間に公表できると脅しました。

写真の中には、酔った大園瞳を付き人の豊と部屋まで送り届けた写真まであって、豊が協力していたことを知り、叱る場面がありました。

その時豊が言った理由が、雪菜が死んだ母親に似ているのであの顔で言われたら断れなかったと…。

ちょっとその理由には、違和感を持ちました。

それくらいの理由で、師匠を裏切るの~!え~?と思うのは私だけでしょうか。

豊の話しが終わると、社長が話したいことがあると言ったタイミングで、大園瞳と事務所の社長(猫背椿さん)が現れます。

驚く遠山英二と大園瞳。

また何も知らされていなかった2人に、社長たちが結婚宣言をしました。

また驚く遠山英二と大園瞳。私も驚いたよ。

そして今回のドラマは、2人で市原龍に相談に行って、自分たちが仕掛けた共演だったと告白しました。

遠山英二と大園瞳は驚きますが、共演については私はそれほど驚かなかったです。

社長たちは、妊娠していることも告白し温泉旅行に行ってしまいました。

最後の最後にとんだトラブルがあるのも知らずに…。

出演者がストーカー被害に!遠山英二と大園瞳の25年前の別れ話が切なすぎる!

ドラマ『殺したいほど愛してる』の放送は、もうすぐ最終回を迎えることになり、ドラマ部長とプロデューサーがこれ以上何もありませんようにと話していると、出演者の内田梢が訪ねてきました。

盗撮をネットに挙げられて、ストーカーされているとマネージャーと共に相談に来ました。

その後も、スタジオに女性が写真を持ってきてスタッフに預けて行ったり、自宅の部屋のドアノブに長い髪の毛が巻き付いていたりしたと。

私は、最初から雪菜を疑っていましたが大間違いでした。

それは最後にお伝えしますね。

社長たちに、いろいろと告白や報告をされた後、遠山英二と大園瞳は以前も行ったバーに2人で行きました。

遠山英二は、25年前の最後に会ったときの話しをしだし、自分のことを「私には不釣り合い。」と言ったことが本心だったのか尋ねました。

大園瞳は、「じゃあ聞くわ。私が別れたくないって言ったら、あなたどうしてた?」と言うと、遠山英二は「忘れちゃった。」と…。

なんで、遠山英二は大園瞳の気持ちがわからないのよ~!!

大園瞳の言葉に、胸が痛くなりましたが、遠山英二に少しイラっとしてしまいました。

市原龍の脚本に激怒して帰宅する遠山英二!雪菜が血を流して倒れていた!

大園瞳と遠山英二の撮影シーンに、市原龍からまた追加が加えられその内容が、亡くなった妻は手首を切って自殺したというセリフでした。

25年前に、雪菜が好きな人に振られ手首を切ったことと重なったのか遠山英二は、動揺して最初は拒否しますが、何とかそのシーンを演じました。

因みにドラマ『殺したいほど愛してる』の方は、部屋で大園瞳が遠山の亡くなった奥さんの写真を見て、自分にそっくりなのに驚き、奥さんの代わりにはなれないと言って部屋を出ていきます。

こっちのドラマの方は、こういう展開なんだ~上手な話だなと感心してしまいました。

その撮影が終わると、最後のシーンの脚本が遠山英二と大園瞳に手渡され、セットには車と本番は雨も降らせると言われました。

遠山英二は脚本に目を通すと怒り出し、「いい加減にしろ。俺はやらないぞ。」と言って帰ってしまいました。

遠山英二と大園瞳が25年前に、最後に会話した状況と同じだったことで、動揺したようですが、大園瞳は平気そうなのを見て、どうしてこんなに動揺するんだろうと思いました。

大園瞳に対する後ろめたさもあるのかなと考えたりしました。

大園瞳が市原龍と話しをすると、市原龍は、脚本の内容は偶然だとしらばっくれました。

遠山英二が帰宅すると、雪菜が右手から血を流して倒れていて、病院に運ばれた雪菜に、そんなに思いつめていたとは気づかなかったと謝ります。

え?自殺じゃないよと雪菜が言い、ジューサーを直そうとして手を入れたら動き出して、手が絡まったと説明しました。

少しほっとした遠山英二に、雪菜は大園瞳と似合っているけど、英二さんを思う気持ちは負けないと、撮影を最後まで頑張ってと応援します。

絶対自殺だと思っていたので、私もホッとしました。

遠山英二は、撮影に応じる代わりに2つの条件をだし撮影が行われました。

横浜でのロケに、市原龍がやってきました。

市原龍は、車椅子だったことがここで初めてわかりました。

ドラマ『殺したいほど愛してる』のエンディングは、遠山英二の車で撮影されました。

遠山英二が「あなたの気持ちを聞かせてください。」と言うと「偽りのない気持ちを言うわ。殺したいほど愛してる。あなたも本当の気持ちを聞かせて。」と大園瞳が言いました。

「僕もあなたを殺したいほど愛してる。」と遠山英二が言い、2人はキスをしました。

このドラマ面白い!こっちのドラマも見たいと思いました(笑)

感動しました。

空港でのラブシーンがドラマティックすぎる!市原龍の最後の仕掛け?こんな終わり方予想出来ません!

大園瞳は市原龍から、韓国との合作の恋愛作品に出演してほしいと説得され、日本を離れようとしていました。

そこに遠山英二が現れ、不安な気持ちの大園瞳に、最高の女優だと言いました。

別れ際に大園瞳が遠山英二に「また共演の話しが来たらどうする?」と聞くと「断るよ。これ以上共演すると今度こそ本気で好きになってしまうから。」と言いました。

切ない、切なすぎる~、遠山英二は結婚しているから寄りは戻せないよね。

今でも、お互い好きなんじゃないかとkuronekoは思っています。

その言葉を聞いて歩き出す大園瞳でしたが、後ろを振り返って走り、遠山にキスをしました。

そして、「殺したいほど愛してた。」と…。

なんて絵になる2人なんだろう!

大人の恋愛ドラマってこういうものなのねと感動しました。

皆さん、ここでこのドラマ『共演NG』が終わると思うでしょ!

ところがですね、続きがあるんです。

ドラマ『殺したいほど愛してる』の撮影が終わった時に、市原龍はまだ続きがあると言っていたんです。

遠山英二が大園瞳の背中を見送っていると電話が鳴り、仕事のことを話していると、空港のテレビからあるニュースが…。

ドラマ『殺したいほど愛してる』の監督(岡部たかしさん)と、ストーカーの被害を受けていた出演女優が不倫していて、監督の奥さんが2人を刺したんです。

その日の夜に、『殺したいほど愛してる』の最終回の放送があるのに、放送できるのか部長とディレクターは大慌て。

遠山英二も思わず、「え~!」と驚きの表情で、ドラマ『共演NG』は終わりました。

こんな終わり方があったなんて!

直前のラブシーンが一瞬頭の中で、吹っ飛んでしまいました。

ドラマ『共演NG』はいろんな要素があって、素敵なドラマでした。

*事実はドラマより奇なり!

ドラマ『共演NG』最終回当日に、出演俳優の小澤廉が元恋人にDV報道で、翌日事務所を解雇されました。

※この記事のアイキャッチ画像は、イントロダクション|共演NG|テレビ東京 (tv-tokyo.co.jp)から引用させていただいています。

スポンサーリンク
ぽちっと応援してもらえると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする